NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

日テレ、ジブリ映画3連発の異様なTBS包囲網…他局潰し合い&減る視聴者奪い合いの無益なバトル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本テレビタワー(「Wikipedia」より/FlickreviewR 2)
『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系、21時~)で、1月13日に『風の谷のナウシカ』(東映)、20日に『千と千尋の神隠し』(東宝)、27日に『耳をすませば』(同)が放送された。いずれも“ジブリ映画”であり、3週連続で放送され、それぞれ平均視聴率12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、18.5%、14.5%を記録。人気の健在ぶりを示した。


 賢明な視聴者なら、それが何を意味するかはわかっているのではないか。「またTBSドラマのスタート日に合わせてきたな」と……。3週連続のジブリ映画は、40年を超えるTBSの看板枠『金曜ドラマ』(22時~)への対抗策にほかならない。

「録画されにくい」ジブリ映画の強みをフル活用


 そもそも、連続ドラマは「最初の数話を見逃されると継続視聴されず、残り約2カ月間を棒に振ってしまう」というリスクを抱えている。つまり、ライバル局から視聴者を遠ざける上で、格好のターゲットとなるもの。それを狙ってのジブリ連発なのだが、「高視聴率を獲っているのだから、何が悪い」という声があるのも事実だ。

 しかし、今回の『ナウシカ』は17回目、『千と千尋』は8回目、『耳を』は10回目の放送。つまり、『ナウシカ』は“再々々々々々々々々々々々々々々々放送”ということになる。

 しかも、今回の「冬もジブリ」というキャッチフレーズそのものが、「1年中リピート放送するよ」という何よりの意思表示。「何回でも見たい」という人がいる一方で、視聴者が「録画をしてでも見たい」という新作映画の放送機会を奪っているという重い事実がある。

 私もジブリ映画は好んで見るほうだが、「新作映画は『金曜ロードSHOW!』ではなく、『Hulu』などの有料配信で」という流れを加速するこの方針には、首をかしげたくなってしまう。

『金曜ロードSHOW!』はジブリ以外でも、昨年4月に2週連続「コナン祭り」、10月に3週連続「ルパン祭り」を放送。そのほかにも、TBSの『金曜ドラマ』がスタートする1月、4月、7月、10月に人気シリーズをリピート放送してきた歴史がある。

 ちなみに、新作映画ではなく、人気シリーズ映画をリピートするのは、「単に人気がある」からではなく、「録画されにくい」から。テレビ局にとって、「広告収入の指標となるリアルタイム視聴率を上げるためには、録画されやすい新作よりもリピートのほうがいい」のだ。

 皮肉なことに、TBSの『金曜ドラマ』がいいものをつくるほど録画され、リアルタイム視聴されるのは『金曜ロードSHOW!』のリピート映画ということになっている。視聴者は諸手を挙げて、「ジブリ映画バンザイ」と喜んでいていいのだろうか。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg

日テレ、ジブリ映画3連発の異様なTBS包囲網…他局潰し合い&減る視聴者奪い合いの無益なバトルのページです。ビジネスジャーナルは、連載、TBSジブリテレビ朝日ドラマフジテレビ日本テレビ映画民放視聴率の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!