NEW

トラックドライバーのなり手がいない…物流パンク寸前、ヤマトはついに「ライバル」鉄道を利用

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JRの橋梁やトンネルは国鉄時代の構造物が多く残り、老朽化のため自然災害に弱い。貨車や機関車の新しいモデルへの転換や港湾と鉄道貨物の拠点の一体化整備など設備投資の必要性も指摘されている。

 こうした課題をクリアしていけば、モーダルシフトへの期待、注目度はさらに高まるだろう。
(文=編集部)

トラックドライバーのなり手がいない…物流パンク寸前、ヤマトはついに「ライバル」鉄道を利用のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、アサヒビールトヨタ自動車モーダルシフトの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!