NEW

仁科亜季子、ブログで元夫・松方さん哀悼→1週間後に「年下ボーイフレンド」報告で批判

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 女優の仁科亜季子の言動に、業界関係者から疑問を呈す声が相次いでいる。

 仁科といえば、約1年間の入院、闘病を経て脳リンパ腫のため1月21日に74歳で亡くなった昭和の名俳優、松方弘樹さんの元妻として知られる。俳優の仁科克基、タレントの仁科仁美の母親でもあり、1998年に離婚して以降は親子共演などで話題を集め、克基の結婚・浮気・離婚や、仁美の未婚での出産などがニュースになるたびに、その名前がメディアに上ることも多かった。

 もともと清純派女優だった仁科は、当時別の女性と結婚していた松方さんと不倫の末に“略奪婚“し、当時の週刊誌やワイドショーを騒がせた。松方さんにとっては2度目の結婚で19年間続いたが、松方さんの浮気を理由に離婚。その後、11年2月には大手広告代理店、電通社員と再婚したが2年で離婚した。仁科と同世代の芸能界関係者は語る。

「仁科さんの派手な金銭感覚は当時から有名で、松方さんも仁科さんのお陰で相当財産を失ったといわれています。いくら高給取りの電通社員と再婚しても、相手はしょせんはサラリーマン。1000~2000万円ほどの年収では、彼女を満足させられるはずはありません。離婚の理由は金銭感覚の違いだと、当時芸能界ではいわれました。今は、娘の仁美と、大手居酒屋チェーン店経営者との間に生まれた孫の生活を、積極的にサポートしているようです」

 そんな仁科は最近、松方の逝去をめぐり世間から批判を浴びる事態となった。

 仁科は1月31日に自身のブログに「年下のボーイフレンド」というタイトルの文章をハートマーク付きで投稿。元ジャニーズ事務所所属のNEWSメンバー赤西仁の弟で、俳優の赤西礼保と食事したことを、2ショット写真やキラキラの絵文字とともに次のように綴っている。

「新しいボーイフレンド?! 先日、赤西礼保(Leo)君達とご飯食べに 皆のエネルギーに元気もらいました! これからも頑張ります笑。 孫君に続く年下のボーイフレンド! と、勝手に言ってます(笑)」

 実はこれにちょうど約1週間先立つ24日には、「悲しみ…」というタイトルで、松方さんの訃報にこうコメントしたばかりだった。

「本当にとても悲しく、残念でなりません。今は楽しい思い出ばかりが浮かび、胸が痛みます。21歳で知り合い、私が本気で愛し…人生を懸けて彼の元へ飛び込み…二人の子供を授かり20数年人生を共に歩んで参りました方です。最後に、子供達にもう一度会ってほしかった。そして、孫を抱っこしてもらいたかったです」

仁科亜季子、ブログで元夫・松方さん哀悼→1週間後に「年下ボーイフレンド」報告で批判のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ブログ仁科亜季子松方弘樹の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!