NEW

買収に翻弄され漂流し続けた日活…「パックマン」生みの親との接点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 ナムコ創業者でバンダイナムコホールディングス最高顧問の中村雅哉氏が1月22日、死去した。91歳だった。ゲーム産業の草創期に活躍したパイオニアで、一世を風靡した業務用ゲーム機「パックマン」の生みの親である。

 1925年、東京・神田生まれの江戸っ子。横浜工業専門学校(現・横浜国立大学)卒業。家業は空気銃修理業だったが家を飛び出し、55年、東京・池上で中村製作所(後のナムコ)を設立した。

 実家の物置にあった木馬を修理し、横浜・伊勢佐木町の百貨店松屋(後に横浜松坂屋本店)屋上に、上下に動く電動木馬2台を設置することからスタートした。料金は1回5円だった。百貨店の屋上の遊技機具を木馬からモノレールまで開発、ヒットを飛ばした。

 74年、アタリジャパンを買収してアーケードゲーム機の事業に進出。80年に発売した業務用ビデオゲーム機「パックマン」は世界的な大ヒットとなった。主人公のパックマンが青い迷路の中で4匹のモンスターに捕まるとゲームオーバーとなる。パックマンが迷路内にあるエサを食べてパワーをつけると、モンスターと立場が逆転するという仕掛けだった。

 特に米国で爆発的にヒットし、国産のゲーム機が海外で成功した事例として広く知られる。「最も成功した業務用ゲーム機」としてギネスブックに認定された。中村氏は海外では「パックマンの父」と呼ばれた。

 2002年までナムコの社長を務め、05年に玩具のバンダイと経営統合して生まれたバンダイナムコホールディングスでは最高顧問に就いた。

日活の再建社長に


 中村氏は、映画界にも足跡を残した。老舗映画会社の日活は、1960年代前半には石原裕次郎、吉永小百合、赤木圭一郎、小林旭などの“青春スター”を擁し、黄金時代を築いた。だが、映画は国民の娯楽のエースの座をテレビに奪われ、あっという間に凋落。日活は93年、会社更生法の適用を申請して倒産した。

 会社更生法の終結に伴い、97年にナムコが30億円を出資して子会社化し、中村氏が日活の社長に就いた。

 05年、日活のM&A(合併・買収)が話題となった。バンダイとの経営統合を控えたナムコは、エンターテインメントビジネスを核とする事業再編を進めていた。その一環として斜陽の映画事業に見切りをつけた。映画は中村氏の“道楽”というのがアナリストたちの見方だった。

買収に翻弄され漂流し続けた日活…「パックマン」生みの親との接点のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、バンダイナムコホールディングスパックマン日活の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!