NEW
田中俊之「生きづらい中年男のための処方箋」

未婚男性の8人に1人が「生涯独身」を宣言…「なぜ(わざわざ)結婚したの?」と問われる時代に

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 2015年に国立社会保障・人口問題研究所が実施した「第15回 出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」によれば、未婚の男女に結婚について「いずれ結婚するつもり」と「一生結婚するつもりはない」の二択で質問をしたところ、男性(18~34歳)の12.0%が「一生結婚するつもりはない」と回答した。


 未婚男性の約8人に1人が「生涯独身」を宣言したわけである。1987年の時点では、4.5%と約22人に1人しか「一生結婚するつもりはない」を選ぶ男性はいなかった。結婚に対する意識が、大きく変わっていることがわかる。なお、未婚女性(18~34歳)でも、「一生結婚するつもりはない」という回答は、87年の4.6%から2015年には8.0%に増えている。

「一生結婚するつもりはない」を選択した未婚の男女は明らかに増加しているにもかかわらず、同研究所は「集計結果のポイント」として、「一生結婚するつもりはない」の増加には触れず、「いずれは結婚しようと考える未婚者の割合は、男性85.7%(前回86.3%)、女性89.3%(同89.4%)で、依然として高い水準にある」とのみ報告している。

 そして、新聞、テレビ、ラジオ、インターネットなどのさまざまなメディアにおいても、「生涯独身」を宣言する人の多さではなく、「男性の85.7%、女性の89.3%がいずれ結婚するつもり」に焦点が当てられた報道が多かった。

 実際には「生涯独身」を宣言する人が増えているのに、一方では、未婚の男女に対して「本心では結婚したいのだけれど、何かしらの理由があって結婚できない」という「かわいそうなイメージ」が醸成されているようにも思える。それは、こうした強調によっても「つくられている」側面があるのではないだろうか。

再婚が結婚に占める割合は、過去最高の約27%


 結婚する意思のない若者が増えたことに加えて、結婚自体にも大きな変化が見られる。17年1月に厚生労働省が発表した「婚姻に関する統計」によると、15年の結婚件数における初婚と再婚の割合は、初婚が73.2%、再婚は過去最高の26.8%となっている。1975年の時点では、初婚が87.3%、再婚が12.7%である。

 なお、再婚が初めて25%を超えたのは2005年のことだ。一般的に「結婚」といえば初婚を想像するだろうが、すでに10年以上も前から、現実には再婚が4分の1以上を占めている。離婚の増加が背景にあることは明白であり、一度結婚すれば「安心」という時代は終わりを迎えている。

 既婚者が「どうして結婚しないの?」と未婚者に問いかけるとき、そこには優越感が透けて見えることが多いように思う。しかし、その優越感を支える前提は「結婚したいのにできない」という未婚者への偏見、そして「結婚すれば安心」という結婚に対する思い込みでしかない。

 前述の通り、それぞれの事情はあるにせよ、「生涯独身」を選ぶ人は確実に増えており、結婚しても離婚→再婚というケースも増えているのが実態だ。

『男が働かない、いいじゃないか!』

「朝起きて、“会社行きたくないなあ”と考えるのは、正常な思考回路です!」

「無職は恥ずかしくありません」

「男なら夢を追いかける!? 止めときなさい」

雑誌・テレビ・ラジオ・ネットニュースのコメンテーターに出演多数の人気大学教員による、若手ビジネスマンへの心安まるアドバイスの数々!

amazon_associate_logo.jpg

『不自由な男たち その生きづらさは、どこから来るのか』

男は不自由だ。子どもの頃から何かを成し遂げるべく競争するように育てられ、働くのが当たり前のように求められてきた。では、定年を迎えたら解放されるのか。否、「年収一千万の俺」「部長の俺」ではなくなったとき、「俺って何だったんだろう」と突然、喪失感と虚無感に襲われ、趣味の世界ですら、やおら競争を始めてしまうのだ。本書は、タレント・エッセイストとして活躍する小島慶子と、男性学の専門家・田中俊之が、さまざまなテーマで男の生きづらさについて議論する。男が変わることで、女も変わる。男女はコインの裏表(うらおもて)なのだ。

amazon_associate_logo.jpg

未婚男性の8人に1人が「生涯独身」を宣言…「なぜ(わざわざ)結婚したの?」と問われる時代にのページです。ビジネスジャーナルは、連載、不幸中年再婚未婚独身結婚の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!