NEW

一大エンタメ企業・セガサミー、パチスロ&艦これ大ヒット、カジノにも進出…競馬でも大儲け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今週は、G1レースのフェブラリーステークスがあるが、そこで衝撃のニュースが……

本業も馬主業も絶好調

 2月6日、セガサミーホールディングスの2017年3月期の第3四半期累計の連結決算が発表された。売上高は2857億円(前年同期比16.6%増)、営業利益は大幅増となる350億円(同2.8倍)、経常利益も353億円(同2.7倍)、そして四半期純利益365億円(同5.6倍)と好調な業績が明らかになった。

 グループ会社のサミーの製造する遊技機が好調なことが主な要因だ。パチスロは「パチスロ北斗の拳 修羅の国篇」といった主力タイトルが人気となり、前年を4万8000台も上回る販売を確保。パチンコは「ぱちんこCR真・北斗無双2019Ver.」といった機種がまずまず堅調で、前年とほぼ同数を販売。この遊技機事業は売上高1197億円(前年同期比23.7%増)、営業利益258億円(同71.7%増)を記録している。

 さらに、グループ会社のセガのアーケードゲーム『艦これアーケード』など、エンタテインメントコンテンツ事業も売上1554億円(同13.7%増)、営業利益153億円(同5.4倍)と好調な売り上げを見せた。近年、パチンコ業界は縮小や倒産といった暗いニュースが続いていたが、セガサミーホールディングスは業界を牽引する勢いを見せている。

 また、セガサミーホールディングスは次の一手として、カジノを中心とする統合型リゾートへの投資を進めており、すでにカジノの本場であるマカオにはセガサミーが開発したカジノマシン「SICBO BONUS JACKPOT」が設置され、今年に韓国の仁川に大型カジノリゾート「Paradise City」をオープン予定と、その勢いは加速している。

 さらに、セガサミーホールディングスといえば、会長の里見治氏が競馬の馬主としても有名だ。昨年は、11月の菊花賞で愛馬サトノダイヤモンドが悲願のG1レース初優勝を達成すると、11月から12月だけで有馬記念や香港の国際レースなど、なんとG1レース4勝を記録。最優秀3歳牡馬、最優秀2歳牡馬などのJRA賞も受賞している。今年も好調で、愛馬はすでに5勝、重賞でも日本ダービー候補と呼ばれるサトノアーサーが活躍しており、サトノダイヤモンドは秋の凱旋門賞挑戦など、夢は広がっている。まさに本業も馬主業も順風満帆といったところだ。

 里見氏は最近、テレビの競馬番組にも出演するようになったが、その様子を見ると、かなりご機嫌だ。前述のサトノダイヤモンドは現役最強馬ともいわれており、また将来性豊かな期待馬がズラリ揃っている。同氏は年間10億円以上を競走馬の購入や維持管理費用に使っており、サトノダイヤモンドは2億4000万円という庶民では考えられないような値段で購入した。しかし同馬はすでに6億7496万円以上も稼いでいるのだから、その価値は正しかったといえるだろう。

 まさに庶民とは別世界の話であるが、我々としては、せめて馬券では美味しい思いをしたいもの。しかし現実は厳しく、スポーツ紙やインターネットの予想を参考にしても、馬券はまったく当たらない。たとえば、1月29日に行われた重賞の根岸ステークスでは、某スポーツ紙が絶賛していた人気のベストマッチョは、まさかの12着で大ハズレだった。

 そんななか、最近ベテラン競馬ファンの間では、「今、当たるのはマスターズだよ」と評判になっている競馬情報サイトがある。マスターズとは、「競馬情報のプロたちによる競馬情報サイト」だ。

 そこで、マスターズについて調べてみると、驚くべきことがわかった。まずひとつ目は、その予想実績がすごいことだ。今年も、新年最初の京都金杯の万馬券に始まり、シンザン記念、日経新春杯、東京新聞杯、きさらぎ賞とほぼ毎週のように重賞を的中させている。さらに、前述の根岸ステークスでも完全的中させている。

 さらに驚くべきは、その情報網だ。マスターズは元JRA調教師の中尾謙太郎氏を筆頭に、元調教師、元騎手、元厩務員、元助手、牧場、馬主関係者、トラックマン(競馬記者)、馬具用品店等の内部関係者で構成。そして、どの情報網も各自の得意な専門分野を持っており、その道の“達人”と呼べるだけの情報収集力、関係者・マスコミへの影響力を持っているというのだ。実際に馬に携わっているマスターズの内部関係者と、趣味の延長でサラリーマンとして働いているマスコミは段違い、その差が実績につながっているのだろう。

元JRA調教師の中尾謙太郎氏

 サイトを見てみると多くの無料情報コンテンツが並んでいるのに驚かされる。通常これほどの情報は有料なのが普通だ。しかもその内容はスポーツ紙や他の競馬サイトでは見られない、まさに関係者しか知ることができないような「極秘情報」が満載なのである。この情報だけを見ても、彼らが特別な存在で本物の情報を入手することができる立場にあることが十分わかる。

 今週はG1レースのフェブラリーステークスが東京競馬場で行われるが、今年は傑出馬不在の混戦模様だ。前哨戦の根岸ステークスを勝ったカフジテイクは主戦の福永祐一騎手が怪我で騎乗できず、過去にこのレースを2勝しているコパノリッキーは衰えが感じられる。

 また、昨年の優勝馬モーニンは、それ以降4戦して未勝利。前走で勝利している馬はわずか1頭のみで、人気も割れて非常に難解なレースだ。だが、その分、配当妙味も高く、当たればかなりの利益になることは間違いないだろう。

 マスターズは、昨年もフェブラリーステークスを3連単1万6010円ズバリ的中させているだけでなく、前哨戦の根岸ステークスまで見事3連単9330円的中させている。そして今年のフェブラリーステークスに関しても、「我々の持つ情報網を駆使し、的中を確信させる核心の情報をつかんでいます」と相当な自信を見せており、過去の実績から考えてもかなりの確率で的中させられるといえるだろう。

 マスターズによると、今週は特別キャンペーンを実施しており、初めて利用する人を対象に「フェブラリーステークスの3連単勝負馬券」の予想を無料で提供するという。この情報は必見、必ずチェックしたほうがいいだろう。
(文=編集部)

無料予想提供CLICK→フェブラリーステークスの3連単勝負馬券

※本稿はPR記事です。