NEW
荻原博子「家庭のお金のホントとウソ」

年金、公務員優遇は許されるのか?共済年金救済の裏で「特別な年金」上乗せ

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そもそも、確定拠出年金は多くの人が望んだ年金ではありません。退職金の運用リスクを避けたい企業が望み、確実に手数料がほしい金融機関が望み、60歳まで引き出せない個人の金で株価を買い支えて景気回復させたい政府が望んだものであり、忙しく働く会社員が「自分の退職金は自分で運用したい」と望んだものではないのです。

 そうはいっても、会社員は会社に制度があれば入らざるを得ません。ただ、前回触れたように、専業主婦にとってはほとんどメリットがないので、そんなものにお金を預けるよりは「借金減らして現金増やす!」で、盤石な老後を目指したほうがいいでしょう。
(文=荻原博子/経済ジャーナリスト)

『生き返るマンション、死ぬマンション』

年々ローンはきつくなるのに、資産価値はどんどん落ちてゆく――マンション大崩壊の時代に、我々庶民に打つ手はないのか? そんな悩みに「庶民の味方」が日本各地を徹底取材。あなたのマンションを「お宝」に変える方法を具体的に紹介!

amazon_associate_logo.jpg

年金、公務員優遇は許されるのか?共済年金救済の裏で「特別な年金」上乗せのページです。ビジネスジャーナルは、連載、公務員共済年金厚生年金専業主婦確定拠出年金の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!