NEW

日本独自の「バレンタインにはチョコ」、なぜ広まった?森永、メリー、モロゾフを直撃!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
 2月14日はバレンタインデー


 近年は“義理チョコ”のほかに女性同士で交換し合う“友チョコ”などもはやっているが、やはり「女性が意中の男性にチョコレートをプレゼントする」という認識が一般的だろう。

 しかし、この風習は日本独自のものであることをご存じだろうか。欧米諸国では、バレンタインデーの贈り物はチョコに限定されているわけではなく、女性に限らず男性からプレゼントを贈ることもあるという。つまり、「女性から男性にチョコを贈る」というのは、日本式のバレンタインデーのルールなのである。

 では、この日本独自のルールは、いつどうやって決められたのだろうか? 巷では、製菓会社が自社の売り上げを伸ばすために広めて定着させたという「菓子業界の陰謀説」もまことしやかにささやかれているが、それは本当なのだろうか?

 その疑問を解消すべく、チョコを販売する代表的な製菓会社に取材を申し込んだ。

森永製菓は60年近く前にギフトキャンペーン展開


 まず、森永製菓の広報は、日本におけるバレンタインデーのルーツについて、以下のように語る。

「1936年2月、モロゾフ社が在留欧米人を対象に『ジャパン・アドバタイザー紙』(1890年に神奈川県横浜市で創刊された英字新聞)にはがき大のサイズのバレンタイン広告を出稿しました。これが日本で最初のバレンタイン広告だと認識していますが、英字新聞ということで、日本人には浸透しなかったようです。

 一方、最初にバレンタインチョコを販売したのは、東京都大田区にあるメリーチョコレートカムパニー社ではないでしょうか。ただ、58年2月に伊勢丹新宿店の一角でハート型の板チョコレートを3日間限定で販売したものの、こちらもまた局所的だったため、普及には至らなかったようです。

 弊社としては、60年1月に『バレンタイン・ギフト・キャンペーン』企画を新聞や雑誌で展開しました。2月14日には『森永バレンタイン・ショウ』をフジテレビで放送し、このプロモーションがバレンタインを全国に広めるきっかけになったと考えています」(森永製菓広報)

 森永製菓は現在、「1チョコ for 1スマイル」と題して、ガーナなどカカオの生産国に暮らす子どもたちに、対象チョコ商品の売り上げ1個につき1円を寄付する支援活動に取り組んでいるほか、店頭では「友チョコ方程式」という、中高生に人気のカリスマ双子モデル・りかりこを起用したプロモーションを実施している。

日本独自の「バレンタインにはチョコ」、なぜ広まった?森永、メリー、モロゾフを直撃!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、チョコレートバレンタインデーメリーチョコレートカムパニーモロゾフ森永製菓神戸市菓子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!