NEW

清水富美加引退騒動、「レプロのタレントはいつどうなるかわからない」と警戒広まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
清水富美加「レプロエンタテインメント:LesPros entertainment」より
 熱愛、不倫、ギャラ問題……。日々流れる芸能人のニュースは、彼らが所属する事務所の事情を知れば、もっとおもしろくなる。今回は、今押さえておきたい芸能事務所3社の裏事情をお伝えしたい。


 まずは、タイムリーなあの女優とその事務所の諸事情から。

能年玲奈も…看板女優のトラブルが相次ぐレプロ


 気取らない性格で人気を集めている新進女優の清水富美加が、信仰する宗教団体「幸福の科学」の活動に専念するために芸能界引退の意向を固めているというニュースが波紋を呼んでいる。出演中のCMや公開を控えた映画、さらには撮影中の映画もあるため、業界内は大混乱だ。

 そんな彼女が所属するレプロエンタテインメントとは、どんな芸能事務所なのだろうか。顔ぶれだけを見れば、超優良事務所である。

 テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でその魅力が再注目された新垣結衣をはじめ、その『逃げ恥』に“ポジティブ女子”として出演した“だーりお”こと内田理央、朝の人気情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の3代目司会者を務める川島海荷、“ハセキョー”の愛称で一大ブームを巻き起こし、最近は大人の色香あふれるアラフォー女優として活躍する長谷川京子などが所属している。

 さらに、俳優では池内博之や中村蒼、バラエティ班では菊地亜美など、そうそうたる顔ぶれがそろう。しかし、テレビ局関係者は「レプロにはもうひとつの顔があり、それは所属タレントとのトラブルが絶えないというものです」と証言する。

「まず、現在は『のん』という芸名で活動している能年玲奈。この改名は、レプロ側の要求によって、本名でもある『能年玲奈』が使えなくなったことによるものといわれています。のんは、大ブレイクのきっかけとなった連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)出演時でも月給はかなり安く、ギャラをめぐって独立の意思を見せたことが、現在事実上干されている原因ともいわれています。

 また、ローラがブレイクする前に毒舌ハーフタレントとして人気を博していたマリエも、もともとはレプロの所属でした。彼女も事務所とモメて干され同然になり、海外留学という名の『左遷』をさせられたといわれています。ただ、彼女の場合は相当なわがままで、留学もレギュラー番組を抱えているにもかかわらず自分で勝手に決めたともいわれていますが、いずれにしても今はまったく見かけません」(テレビ局関係者)

 このほかにも、マネージャーとモメて事務所を追い出され、故郷に帰ることを余儀なくされたグラビアアイドルなどもいるようで、「業界内では、『いつどうなるかわからないレプロのタレントには気をつけろ』といわれています」(同)という。

 そして、ここにきて清水の引退騒動だ。幸福の科学側の証言によれば、彼女も『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)の撮影時には1カ月休みなく働いて5万円の月給しかもらえなかったという。看板女優のトラブルが相次ぐレプロから、しばらく目が離せそうにない。

清水富美加引退騒動、「レプロのタレントはいつどうなるかわからない」と警戒広まるのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、サンミュージックプロダクションレプロエンタテインメントワタナベエンターテインメント清水富美加芸能事務所の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!