NEW

清水富美加の事務所レプロ、信用失墜で広がる疑い…新垣結衣に「重大な懸念」浮上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
清水富美加のものとみられるツイッターのアカウント

 一昨年の能年玲奈(現のん)の洗脳・独立騒動のほとぼりも冷めやらぬなか、能年と同じ事務所レプロエンタテインメントに所属する清水富美加が今週、宗教団体「幸福の科学」への出家、芸能界引退騒動を起こし、波紋を呼んでいる。

 映画3本、スポンサー契約中のCM2本、さらにテレビ・ラジオのレギュラー番組などをドタキャンする事態になり、レプロの信用がガタ落ちしている。

 レプロといえば、吉川ひなののほか、正統派女優としては長谷川京子や新垣結衣ら人気女優・タレントを数多く抱えている。本来であれば能年や清水がこれからレプロの屋台骨となっていくとみられていたが、ここにきて2人共に多額の違約金を残して“とんずら”。能年との訴訟も未解決で、いまだにレプロのHP上には清水と能年のプロフィールが掲載されていることに、違和感を持つ芸能界関係者も多い。テレビ局関係者は言う。

「教団側がレプロと清水の雇用形態を“奴隷契約”と呼び、『月収5万円という時もあった』と批判しているのに対し、レプロ側は『適切な報酬を支払ってきた』の一点張り。そうした対応のせいで、レプロ側に隠したいことがあるのではないかと、疑惑の念が向けられています。その上、レプロ側でメディアの対応をしているのはマネジャーと広報担当者で、社長など幹部が姿を見せないのは、責任ある対応とはいえないでしょう」

 また、別のテレビ局関係者も語る。

「騒動発覚直後に同じ事務所の菊地亜美が取材を受けた際、事務所の待遇面について聞かれると、無言になりました。何も文句がないのであれば、何か一言でもコメントできるはず。『他のタレントも不満があるのでは?』と勘繰ってしまいます。実際、売れっ子の新垣も、事務所に不満を持っているという噂も聞きます」

新垣結衣にトバッチリ?


 レプロは多数の売れっ子を抱えているが、吉川ひなのは1児の母になり、最近はハワイと日本を行き来する生活で、仕事はマイペースにこなしているのが現状。長谷川京子も今では2児の母で、本格的に女優としての仕事に復活しているが、100%仕事に集中するのは難しい。