NEW

人生を謳歌するには「結晶性知能」を磨け! 中高年の知能アップにはホウレンソウが効く?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

9572428_s-2015.jpg
ブロッコリーやホウレンソウなどに多く含まれるルテイン(depositphotos.com)

 <大事なスケジュールを忘れる><さっきまで持っていた財布やカギをどこに置いたかわからなくなる><資格に挑戦しても試験勉強が全然頭に入らない>……。

 40代にもなれば、昔のように頭が働かないと感じる人は増えていく。このまま脳は年とともにサビ付くばかりなのだろうか。

 しかし、中高年の頭脳には、若者に引けを取らない能力がある。それは「結晶性知能」と呼ばれるものだ。そもそもヒトの知能活動は、「流動性知能」と「結晶性知能」とに大別され――。

結晶性知能は60代頃にピークを迎える

 まずは流動性知能について説明しよう。これは、計算力や暗記力、集中力、さらに状況に即座に反応し素早く判断する知的反射神経のようなもの。この流動性知能は、18~25歳くらいがピークで、その後は年齢とともに落ちていく。

人生を謳歌するには「結晶性知能」を磨け! 中高年の知能アップにはホウレンソウが効く?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!