NEW

背が高くなる「遺伝子」が解明! ついに明かされるのか? 乳児が成人になる過程のナゾ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

55150299_s-2015.jpg
身長が高くなる遺伝子が解明!?(depositphotos.com)

 バラク・オバマ氏とビル・クリントン氏が並んだら、どちらのほうが背が高いか?

 正解は前者が身長185cmで、後者が188cmと3cmも勝っている。もっとも米国歴代大統領の記録を見てみると、初代のジョージ・ワシントン氏でさえ180cm、かのアブラハム・リンカーン氏に至っては193cm(いずれも推定)の長身指導者だった。

 第44代のオバマ前大統領までの平均身長も180cmと一般平均よりも高いそうだが、なにかと話題のドナルド・トランプ氏は191cmというから「ビッグサイズの貫禄」という点では歴代比でもひけをとらない新大統領といえそうだ。

 かように身長問題というのは侮れず、米国心理学会の専門誌が掲載したある研究報告によれば、身長が1インチ(2.54cm)高くなるのに応じて年収が$789(約9万5000円)増えるとか。

 一方、英国の研究グループの解析においても、背の低い男性と太目の女性は人生上で優位に立つ可能性という面では不利と結論づけられている。

背が高くなる「遺伝子」が解明! ついに明かされるのか? 乳児が成人になる過程のナゾのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!