NEW

長井秀和、清水富美加の創価学会勧誘の真意を激白!学会芸能人が得る「多大な恩恵」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長井秀和

 女優・清水富美加の宗教団体「幸福の科学」出家騒動に関連して、久々にメディアで名前を見る機会が増えているお笑い芸人・長井秀和。自ら宗教団体「創価学会」信者であることを公言する長井だが、所属事務所タイタンの太田光代社長はイベント出演時、清水の引退報道と絡めて「うちにも(宗教と芸能活動を)両立しているのがいたような。使っていただけるなら、長井秀和をお願いします」などと“売り込み”を行った。

 これを受けて、長井は自身のFacebook上で「ここは清水富美加さん、創価学会に改宗したらどうですかね?」と、清水を“勧誘”する展開に。マスコミではタブー視される向きも強い宗教だが、自らの言葉で情報発信しただけに、多くのメディアが長井の発言を取り上げたというわけだ。

 その後もFacebook上で、清水をイジるかのような投稿を続けている長井。そこでビジネスジャーナルは、自宅付近で長井本人に接触し、SNS上での勧誘の真意、さらには「宗教と芸能活動の両立」の可能性を聞いた。

芸人精神


「あれ、ビジネスジャーナルさんです? 参ったなあ。こういうの勝手に受けると怒られるので。ま、いいですよ。なんでも答えますんで。私としてもこの状況は、楽しんでいる半面、ちょっと複雑でもあります」(長井秀和、以下同)

 近年お笑いライブの出演時には、創価学会をネタにして笑いを取っている、などとささやかれている長井。宗教信仰と芸能活動の両立はできているのだろうか。

「あのー、私としては清水さんと同様、両親ともに信者という“プロパー学会員 ”なんですが、それでも創価が100%正しいとは思っていないわけで。自分の知らないところで除籍されている可能性は否定できませんけど(笑)、おかしいところはおかしい、イジれるところはイジろうという、芸人精神とでもいうんですかね。『ガチで創価にハマってる』とか、反対に『アンチ創価だから攻撃してる』とか、色々言われますけど、それは誤解ですんで」

 大手芸能事務所、さらには宗教と、メディアタブー満載の清水騒動に対しても、実にひょうひょうとした様子で持論を展開する長井。

「私ももうこんな立場なので、なんでも言っちゃいますよ。Facebookについては、せっかく太田社長からパスがあったので、芸人として返すとすれば『学会勧誘』がベターかなと思ったまでで。おかげさまで、多くのニュースに取り上げていただけました。でも、自分への取材依頼はまったくないですね。事務所には来ているのかもしれませんが、受けたところでメリットは一切ないと、勝手に断っているのかもしれません。はははは」

長井秀和、清水富美加の創価学会勧誘の真意を激白!学会芸能人が得る「多大な恩恵」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、創価学会幸福の科学清水富美加の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!