NEW

発音も美しく、スピードもほどほど……英会話学習に使える『ローマの休日』のセリフ10選

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『『ローマの休日』を観るだけで英語の基本が身につくDVDブック』(藤田英時著、アスコム刊)

 名画『ローマの休日』が、生きた英語を身につけるのに最適だというのをご存知ですか?

『ローマの休日』には、品が良く自然な英語表現が多く登場します。発音も美しく、スピードもほどほど、ということで、英語学習にぴったりなのです。

 ここでは、この映画の中から、特に使いやすい便利なフレーズを10選んでご紹介します。

■I’m very glad to know you.

 お知り合いになれてとても嬉しいです。 初対面のあいさつで使える鉄板フレーズ。To know youで「お知り合いになれて」という意味。相手や場所を選ばずに使えるので便利です。

■And you are…?

 それでお名前は……? 相手の名前を聞く自然な表現です。I’m Emi. And you are…? というように、自分の名前を言ってから相手の名前を聞くのがマナーです。

■Thanks a lot.

 どうもありがとう。 A lotは「たくさん」という意味。気軽に使える感謝の表現です。

■Don’t disturb yourself.

 どうぞおかまいなく。 「気にしないで」「気を使わないで」という気持ちを伝える定番フレーズ。Disturbは「迷惑をかける」。Disturb oneselfで「わざわざ~する」という意味です。

■I wish I could.

 そうできればいいのですが。 相手の誘いをやんわりと断る定番表現です。角が立たないので便利です。

■May I have some?

 少しいただけますか? Have some moreと言うと「もっともらう」という意味に。飲み物のお代わりなどはCan I have some more, please?で頼めます。

■Tell you what.

 こうしよう。 I’ll tell you what.の略。「こうしようよ」「ちょっと聞いてよ」など相手の注意を引く表現です。このwhatはsomethingの意味で使われます。

■I have to go now.

 もう行かなくては。 have toには「嫌だけど、~しなくては」というニュアンスがあります。強引な感じはせず、やわらかに響きます。

■I’m perfectly all right.

 私はまったく大丈夫です。 Perfectは「完全に」「申し分なく」。That’s perfectly all right.と言うと、謝罪などに対して「なんでもないですよ」と伝えることができます。