NEW

めちゃイケのジャニーズ・モザイク事件の真相…フジ、調子に乗りクレーム受け大惨事

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所(撮影=編集部)

 2月18日放送のテレビ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で、世間をざわつかせた“謎のモザイク”騒動。複数の男性アイドルグループによる「次世代イケメンだらけの大運動会」という企画が放送されたが、会場のセットなどに不自然なモザイク処理が施されていたのだ。

「すでに一部で報じられているように、あのモザイク部分には『ジャニーズ以外だらけの大運動会』というロゴが書かれていました。同番組は2011年にも『AKB48以外だらけの大運動会』と題し、その名の通り“AKB以外”の女性アイドルグループを集めた企画を放送。今回はその男性バージョンとして、超特急やBOYS AND MENなどジャニーズ事務所以外のグループを起用し、タイトルも前回と同様に設定していたのです」(芸能事務所関係者)

 しかし、結局オンエアではモザイクが掛けられ、あとから本来のタイトルが発覚したことで、各所で「ジャニーズからフジに“圧力”があったのではないか」との指摘が飛び交った。

「フジ側は圧力説を否定しているようですが、やはりジャニーズからのクレームはあったようです。それ以前に、フジはジャニーズの許可なしに当初のタイトルでやろうとしていて、収録現場では他の事務所スタッフらから『大丈夫でしょうか?』などと心配の声が上がりましたが、フジのスタッフは『全然問題ないです!』と強気だったようです」(テレビ制作会社スタッフ)

 そもそも、ジャニーズはなにかと制約が厳しいことで知られているのに、なぜフジはそこまで強気だったのだろうか。その背景には、フジのバラエティ班がジャニーズにつくった“貸し”が関係しているという。

「昨年のSMAP解散騒動で、フジは看板番組のひとつといえる『SMAP×SMAP』を急遽、年末で打ち切ることになってしまった。これはフジ史上でも類を見ないほどの大トラブルだったので、ジャニーズはその後、フジのバラエティに関して何も言えない状況になっていたんです」(同)

 その関係で、フジは他局では扱えないSMAPの過去映像を使えるなど、優位に立っていたという。

「しかし、今回勝手に“ジャニーズ以外”というタイトルを使用したことには、さすがにジャニーズも見逃さなかった。出演者も多く、撮り直しも難しかったので、フジもモザイクで対処するしかないといった悲惨な結果になっていしまいました」(同)

 フジは“貸し”にかこつけて、少々調子に乗りすぎたようだ。
(文=編集部)

めちゃイケのジャニーズ・モザイク事件の真相…フジ、調子に乗りクレーム受け大惨事のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、めちゃ×2イケてるッ!ジャニーズフジテレビの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!