NEW

村上春樹の新作、酷評&絶賛噴出?「駄作」「真新しさない」「過去の作品を参照して執筆」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『騎士団長殺し』(村上春樹/新潮社)

 24日、人気作家・村上春樹氏の長編小説『騎士団長殺し』(新潮社/以下、本作)が発売された。村上氏の4年振りの長編小説となり、すでに発売前から累積部数が130万部に達するなど、ファンの期待の高さがうかがえるが、その内容について早くも賛否両論の意見が飛び交っているようだ。

「村上氏の作品としては、『1Q84』(同/2009~10年)や『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(同/1985年)と比べると、正直に言って“駄作”という印象です。『1Q84』は主人公が三人称で、複数の物語が同時に進行する“平行世界=パラレルワールド”が柱になっており、文体が浮遊している不思議な感覚を読者に与えます。一方、本作の主人公は一人称で語られる『私』で、文体も突飛ではなく落ち着いています。主人公は画家で、絵画をモチーフとした“絵画小説”といえますが、同じジャンルの名作として、村上氏も影響を受けたと公言している作家、夏目漱石の『草枕』が挙げられます。実際に本作のなかでも、随所に『草枕』を思い起こさせる部分が散見されます」(出版業界関係者・A氏)

 また、同じ絵画小説として、仏小説家ミシェル・ウエルベックの『地図と領土』を喚起されられたとA氏は言う。

「『地図と領土』内では、作中にミシェル本人が登場して、主人公に自身の肖像画を制作するよう依頼するが、完成前にミシェルが殺されるという場面があります。『騎士団長殺し』のなかでは、『私』が絵画から飛び出してきた“イデアとしての騎士団長”を殺すシーンが出てきますが、『地図と領土』とは非常に対照的だと感じました」

 別の出版業界関係者・B氏は、本作をこう評価する。

「正統的な古典文学という色合いが強く、逆に言うと真新しい表現や世界観、衝撃は感じられませんでした。自分が持っている素材や世界文学の潮流を、職人技でうまくまとめたという印象です」

 そしてB氏は、本作のテーマは「子ども」ではないかと推察する。

「『免色さん』の過去の女性が生んだ子どもを、『免色さん』が自身の子どもかもしれないと思い接触したり、『私』の妻が別の男性との間にできた子どもを、離婚せずに『私』と妻の子どもとして育てていくことを選択したりと、『子ども』という要素が物語全体を通じて重要な役割を果たしています。

村上春樹の新作、酷評&絶賛噴出?「駄作」「真新しさない」「過去の作品を参照して執筆」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、村上春樹講談社騎士団長殺しの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!