NEW

『タラレバ娘』は全然まし!アラサー女子たちのリアル「タラレバ」が悲惨&アホすぎる!

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京タラレバ娘|日本テレビ」より
“アラサーの心をえぐるドラマ”として、主に女性たちの間で人気となっている『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)。視聴率も好調で、2月22日放送の第6話まで毎回11%以上の2ケタをキープしている(ビデオリサーチ調べ/関東地区)。


 東村アキコの人気漫画が原作の同ドラマに登場するのは、吉高由里子演じる脚本家の鎌田倫子、榮倉奈々演じるネイルサロンを経営する山川香、大島優子演じる居酒屋の看板娘・鳥居小雪のアラサー3人組。彼女たちは「30歳・独身・彼氏なし」という岐路に立ちながらも「キレイになったら、もっといい男が現れる!」「好きになれれば、結婚できる!!」と“タラレバ話”を肴に女同士で酒を飲む毎日を送る。

 そんな3人の前に「30代はもう女の子じゃない」「そうやって一生、女同士でタラレバつまみに酒飲んでろよ」と、罵声を浴びせる謎のイケメンモデル(坂口健太郎)が登場し、アラサー女子たちは厳しい現実に直面していく……というラブコメディだ。

 がんばっているはずが、なぜか行き詰まり、過去の選択を後悔ばかりしてしまうタラレバ娘。そんな彼女たちの気持ちが「わかりすぎてつらい」という共感が、このドラマのキモとなっている。では、現実のアラサー女性たちは本当に「タラレバ」を言い合いながら毎日酒を飲んでいるのか。“リアルタラレバ娘”の実態を探るべく、ドラマの登場人物と同年代の女性約30人から話を聞いた。

「出会い系アプリに登録」「いまだに実家住まい」


 初回の放送では、吉高演じる主人公・倫子が8年前にフッたドラマプロデューサー(鈴木亮平)から食事に誘われるシーンがある。魅力的に成長した相手にときめくが、すでに現在の自分は恋愛対象にすらなっていないことを思い知らされ、「あのとき、フラなければ」とショックを受けるのだ。

 今回、アラサー女性たちから寄せられたなかで、もっとも多かったのが、この倫子のように過去の選択を嘆く「後悔型タラレバ」のエピソードだ。

「25歳のときに三浦翔平くん似のイケメンと付き合っていたんですけど、当時の私はかなり奔放で、彼氏がいても合コン三昧。浮気がバレたときも、私をつなぎとめるために彼が『子供つくろう』とまで言い出したくらいでした。

 でも、私はまだ遊び足りなかったし、結婚願望もなかったので、面倒くさくなって別れました。30歳を目前にして遊び尽くした今は彼氏もいません……。一方、イケメンの元カレは結婚して1児のパパになってるとか。あのとき結婚していれば……なんて、今頃になって後悔しています」(29歳/独身/看護師)

「6年間付き合った彼氏と別れたのが、32歳のとき。せめて20代のうちに別れていたら、別の出会いがあって結婚していたかもな~なんて。私の人生計画ではとっくに結婚しているはずだったので、そのギャップに焦っています。出会い系アプリに登録して何人かと会ったんですが、いい出会いには恵まれていません」(33歳/独身/営業)

『タラレバ娘』は全然まし!アラサー女子たちのリアル「タラレバ」が悲惨&アホすぎる!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、アラサードラマ女性東京タラレバ娘独身結婚の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!