NEW

堀北真希、引退は「元カレ」嵐・櫻井への腹いせ?熱愛発覚で最後にとんだトバッチリ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
堀北真希
 

 やはり本人の意志は固かったようだ――。

 1日、堀北真希の所属事務所は、堀北が2月末いっぱいで芸能界を引退したと発表した。事務所を通じてメディア各社に送付された堀北直筆のコメントには、「お仕事から離れることを決意致しました。現在私は母になり、愛する家族と幸せな日々を送っています」などと綴られている。

 堀北といえば、2015年に俳優・山本耕史と結婚した頃から、事務所との不仲や独立がささやかれるようになり、昨年後半に入ってからは引退報道も多数なされていたが、週刊誌記者は語る。

「事務所の同期で親友だった黒木メイサが12年、当時ジャニーズ事務所に所属していた赤西仁と電撃婚し、すぐに出産。これを受け、事務所としては一時的に黒木と堀北という2本柱の片方を失い、ますます堀北が背負わされる責任は重くなりました。その後、またジャニーズの嵐・櫻井翔との熱愛も報じられましたが、黒木の件もあり事務所が交際を許さず破局。この頃から、事務所社長との関係が崩れ始め、堀北は社長に不信感を抱くようになったようです。昨年初め頃からは、社長は弁護士を通してしか堀北と話ができない状況が続いていたようです」

 そんな堀北の引退が決定的になったのは、昨年12月の第1子出産だったと同記者はいう。

「昨年6月に『女性自身』(光文社)のスクープによって堀北の妊娠が公となりましたが、その際、夫の山本は『今後は出産および、その他プライベートな出来事に関しましては山本耕史及び所属事務所などから、ご報告申し上げることは、控えさせて頂こうと考えております』という異例のコメントを発表。あたかも堀北が一般人であるかのように扱うコメントを受け、業界関係者の間で堀北の引退は既定路線となりました。そして昨年12月に無事第1子を出産し、結婚後は引退して家庭に入り子どもを『4人』欲しいと語って堀北が、一気に引退に傾いたのは、当然の流れといえるでしょう」

トバッチリ


 そんな堀北の引退に大きな水を差したのが、“あの熱愛報道”だという。

「堀北引退発表の4日前の25日、ニュースサイト『NEWSポストセブン』が、嵐の櫻井とテレビ朝日アナウンサーの小川彩佳が真剣交際していると報じました。当然ながら堀北の引退は2カ月くらい前には決まっていたと思われるので、櫻井の熱愛報道が影響しているとは考えられません。しかし、引退発表が絶妙のタイミングとなってしまったばっかりに、世間からは『“元カレ”の熱愛にショックを受けた』『櫻井への腹いせ』というような見方をされたり、インターネット上にそうした情報が流れるハメになり、堀北にとっては、とんだトバッチリを受けた恰好となりました。しかし、逆にいえば、最後の最後で嫌な思いをしたおかげで、これで堀北は未練なくきっぱり芸能界をやめることができるでしょう」(別の週刊誌記者)

「お互いに好き同士のままで別れさせられた櫻井と堀北が、同じタイミングで人生の契機を迎えるなど、やはり2人の因縁を感じざるを得ません」(スポーツ紙記者)との声も聞かれるが、やはり2人の運命はどこかで結びついたのかもしれない。鮮やかに引退を決断した堀北の新たな人生が、幸せなものになることを願いたい。
(文=編集部)

堀北真希、引退は「元カレ」嵐・櫻井への腹いせ?熱愛発覚で最後にとんだトバッチリのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、堀北真希櫻井翔の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!