NEW

生田斗真が性同一性障害役で主演〜学会初の認定医誕生で公的医療保険適用か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生田斗真さん主演映画『彼らが本気で編むときは、』


 俳優・生田斗真さんが主演し、『かもめ食堂』(メディアスーツ)の荻上直子監督が手がけた『彼らが本気で編むときは、』(スールキートス)。

 2月25日から公開されたこの映画で、生田さんは性同一性障害の役を演じているが、今から約1年前の昨年3月20日、GID(性同一性障害)学会が東京都内で開催した総会で、初の「性同一性障害」認定医を9名決定したことを発表した。今後5年間で、50人程度の認定医を育成し、専門的な医療提供ができる機関を増やしていくという。

 性別適合手術やホルモン療法など、性同一性障害の人が必要とする医療ケアは、現在はすべて保険適用外で、全額自己負担となっているが、GID学会は将来的には保険適用をめざし、各方面に働きかけていくそうだ。

 世の中に、さまざまな「性別違和」が存在するなかで、性同一性障害についての統一見解はまだ確固としていない。もちろん、診断や治療のガイドライン(日本精神神経学会による)はあるが、臨床の現場で確定診断を下すのは大変難しく、慎重を期する。

 さらに、適切な医療ケアを提供できる病院は、かなり限られている。一般社会においては、人々の偏見も伴い、医療者以上に理解や受け皿が進まないのが実情だ。

生田斗真が性同一性障害者の役を演じる

 奇しくもGID学会の発表日に、今回の映画『彼らが本気で編むときは、』で、俳優・生田斗真さんが性同一性障害者の役を演じることがわかった。

 生田さん演じるリンコは、小さい頃から自分が女の子だと思っており、実生活のなかでさまざまな葛藤はありつつ、家族の理解を得ながら成長し、のちに性別適合手術を受け、恋人の男性と同棲している設定だ。性同一性障害者の人生としては、理想的なストーリーだ。

 性同一性障害者の苦しみは、単に性の不一致にとどまらない。家族や社会の無理解、パートナーとの問題、そしてカミングアウトできるコミュニティの少なさなど、彼らを取り巻く人間関係に大いに苦しめられる。

 さらに、自分の生き方を選択するときに必要な医療ケアが、全額自己負担とあって、経済的負担にも苦しめられる。今回のGID学会の決定は、一筋の光明といえるだろう。

性同一性障害者にとって切実なアイデンティティの問題

 さて、性同一性障害者にとって、医療的見地も大切だが、アイデンティティの問題はさらに切実だ。LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)と、多様な性的マイノリティが存在するなかで、「自分はいったい何者か?」という自己を確立する道のりは、筆舌に尽くしがたい。

 性同一性障害は、多様な意味を持つトランスジェンダーとして括られることが多い。もちろん、トランスジェンダーとは結びつけないという異議もあり、トランスセクシュアル(性別適合手術を実行または希望する人)との兼ね合いもある。気持ちの整理の付け方も相まって、本人自身も明解にしにくいものだ。

 特に日本は、男女の性差の概念がかなり固定化されていて、どちらにも属しがたいだけで、ちょっと浮いた存在になりがちだ。男か女かでなく、「自分は自分」という理念は、日本社会では通用しにくい。

生田斗真が性同一性障害役で主演〜学会初の認定医誕生で公的医療保険適用か?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、LGBTトランスセクシュアル性的マイノリティ生田斗真の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!