NEW

虚偽の診断で治療費詐取「新宿セントラルクリニック」事件〜悪徳医師から身を守る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
001_1706761_s-2015.jpg
不要な投薬を繰り返していた医師が詐欺容疑で逮捕(depositphotos.com)

 ヒポクラテスが泣いている――。医学の祖・ヒポクラテスは、医師の職業倫理について現代まで語り継がれている「ヒポクラテスの誓い」を遺した。医師としての名誉と高潔な伝統を守り続けることを誓うのだ。

 <医師は崇高な精神の持ち主>という、世間の認識を揺るがす事件が発覚した。1月17日、「新宿セントラルクリニック」(東京都)の林道也院長が詐欺容疑で逮捕された。

 性病ではない患者に対して故意に虚偽の診断を下し、不要な投薬を繰り返して治療費を詐取したというものだ。

 告発者のA氏は2012年9月、陰部に湿疹ができたので同クリニックに立ち寄った。林容疑者は陰部の診察もせず採血し、1週間後に「クラミジア感染症」と診断した。A氏は以後、3カ月通院して投薬治療を受けた。

 ロキソニン、プロテカジン、グレースピッド、アイピーディカプセル、ザイザルを林容疑者は十数回にわたって処方し、代金計約2万6000円をだまし取った。

「クラミジアの治療には処方した薬は妥当だが、通常2週間もあれば完治する。3カ月という処方期間は長すぎる」(医療関係者)

 体調に異変が現れたA氏が別の診療所で遺伝子検査を受けたところ、陰性とされた。湿疹は汗疹だった。そもそも性病にかかる心当たりもなかった。

行政機関には強制力がないから民事訴訟、刑事告発へ

 A氏はクリニックに投薬治療前の検査機関による血液検査のデータの開示を求めたが、林容疑者は応じなかった。

 同クリニックの問題に関して東京都に取材したところ、「健康保険法、国民健康保険法等に基づいて厚生局の東京事務所と共同で指導、監査を実施している。苦情などの情報を共有し、精査して指導、監査する。監査の結果、保険医療機関等取消し処分になった場合には公表しているが、個別の保険医療機関の指導、監査の進捗状況に関しては公表していない」とのこと。

 また、「病院に関する苦情相談は福祉保健局の医療安全課が管轄となるが、19床以下の診療所、クリニックは区の保健所が管轄。今回の案件は新宿保健所の管轄になる」との回答を得た。

 同クリニックを保険医療機関取消処分にするほかは、都の介入の余地はないようだ。管轄の新宿区の保健所には、平成26年度から平成28年度までに9件の苦情があった。

「そのうち7件は性病関係だった。事実確認をするために複数回立ち入り検査を行い事実確認を行った。平成27年11月には、医療法の規定に基づき改善指導をしている」(新宿区保健所衛生課)

 改善指導には強制力がないので、改善されることはなかった。A氏は弁護士を立てずに民事訴訟、刑事告発に踏み切った。

被害者と弁護団をつないだ<セカンドオピニオン>

 一方、自覚症状はなかったものの、同クリニックに感染症の検査に立ち寄った40代のB氏は、新恋人への思いやりから自分が感染症になっていないことを確認するために検査すると、クラミジアと診断された。

 約2カ月通院したにもかかわらず、完治しないといわれ、不審に思ったB氏は区内の別の泌尿器科医院で再検査を受けた。

 また、30代のC氏は陰部に痒みや痛みを覚えて延べ1年間通院。だが、長期の治療に疑問を持ち、同じ医院で診断を受けた。2人ともクラミジアではないのに、長期間不要な処方を受けていた。

 クリニックに通院していた大勢の患者が、同様のセカンドオピニオンを求めて、医院に流れてきた。セカンドオピニオンを担当した院長は不審に思い、医療問題弁護団に患者を紹介した。

 医療問題弁護団の服部功志弁護士は、「医院からの紹介で7名の被害者の相談を受けたが、提訴まで踏み切れたのは2名だけ。話の途中で、泣き始めてしまった女性もいた」と訴訟までの難しさを語る。

 容疑者は逮捕された2日後の1月19日、最高裁判所は林被告に、C氏へ75万8972円支払うように命じる確定判決を出した。B氏、C氏も容疑者を刑事告発している。また、容疑者を相手取り別の3人の被害者の集団訴訟も係争中である。

 元来、セカンドオピニオンは<最善だと思える治療を選択するため>にある。しかし、今回のような詐欺診断・治療が発覚したきっかけはセカンドオピニオン。稀なケースながら、自身の身を守るのに有効な方法だといえる。
(取材・文=野島茂朗)

※初出/健康・医療情報でQOLを高める「ヘルスプレス」

●野島茂朗
ジャーナリスト。週刊誌記者出身で、犯罪研究家や詐欺研究家などの肩書でコメンテーターとしてもメディアで活躍。