NEW

抗ヒスタミン薬「アレグラ」を飲んでの運転は大丈夫? 飲み続けると本当に太るのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
001_1706761_s-2015.jpg
市販薬「アレグラFX」(久光製薬)は薬局やドラッグストアで購入できる(depositphotos.com)

「花粉症が軽く、ラクになる」「アレルギー症状を抑え、副作用が少ない」--。

 つらいアレルギー症状を和らげる、人気NO.1の大衆薬といえば「アレグラ」だ。なぜ“奇跡の妙薬”とまで絶賛され、愛用されるのだろうか。

 アレグラは、組織細胞機能用医薬品に分類されるアレルギー用薬剤で、主成分はフェキソフェナジン塩酸塩。心臓病への高いリスクが指摘され、製造が中止されたテルフェナジン(トリルダン)をサノフィ株式会社が改良・開発した抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1拮抗薬)だ。

 CMでも流れている市販薬「アレグラFX」(久光製薬)は、第一類医薬品に分類される要指導医薬品(15歳以上が対象)のため、薬剤師のいる薬局やドラッグストアで購入できる。

 他方、医師の診断で処方されるアレグラは、ピンクの錠剤(30mg錠、60mg錠、120mg錠、180mg錠)、水なしで飲めるOD(口腔内崩壊錠)錠60mg、ドライシロップ5%などの種類がある。

 また、アマゾンや楽天などインターネットストアでは注文できないが、医薬品を専門的に扱う通販サイトなら、処方薬と同じアレグラ(最大で70日分)を購入できる。

 アレグラの後発薬品(ジェネリック)には、フェキソフェナジン塩酸塩錠(30mg錠、60mg錠)、フェキソフェナジン塩酸塩OD錠(30mg錠、60mg錠)、フェキソフェナジン塩酸塩DS6%がある。アレグラと同じ成分で、同じ効用があり、薬価が安いのがメリットだ。

 都内総合病院に勤務する薬剤部部長のK氏は、アレグラについて以下のように語る。

「アレグラ錠はトリルダン錠が心臓病に副作用を引き起こすとして市場から撤退した2年後(2000年)に、眠気が少ないとの触れ込みで鳴り物入りで医療の現場で使用されるようになったという認識がある。残念ながら、抗ヒスタミン作用は、とても弱いものとなっている感が否めない。個人的には、眠気が少ない=抗ヒスタミン作用が弱いという認識を持っているので、正直どうしてこんなあまり効果が見込めない薬に安くない薬価がついているのだろうと不思議に思っていた」

花粉症によるアレルギー性の鼻炎や皮膚炎を緩和

 アレグラは、アレルギー症状を起こすヒスタミンの受容体の働きを抑えるため、花粉症によるアレルギー性鼻炎、くしゃみ、鼻水をはじめ、じんま疹、湿疹、アトピー性皮膚炎のかゆみのなどのアレルギー症状を緩和する。

 薬効のメカニズムをもう少し医学的に説明しよう。アレルギー抗原の刺激によってアレルギー反応が起きると、免疫系の細胞(肥満細胞)からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出される。放出されたヒスタミンは神経受容体(H1受容体)と結合し、受容体の刺激によってさまざまなアレルギー症状を誘発する。アレグラは、このヒスタミンの受容体を遮断し、ロイコトリエンなどのアレルギーに関連する化学伝達物質の働きを抑制するので、アレルギー症状が和らげられる。

 アレグラは、脂溶性が低く、脳内に入りにくいため、眠気もほとんど起きない。口の渇き、排尿障害などの副作用もほとんどない。速効性が高く、薬効の持続時間が長いのが著しい特徴だ。ただし、対症療法薬なのでアレルギーの原因そのものは除去できない。また、長期にわたって服用する時は、定期的に肝機能検査などが欠かせない。

 アレグラの有効性をプラセボ(にせ薬)と比較した二重盲検試験によれば、じんま疹(かゆみスコアによる比較)とアレルギー性鼻炎(症状スコアによる比較)については、対照群とプラセボ群の効果に有意な差異は見られなかった。

 また、自動車運転シミュレーター試験、ワープロ入力試験などによる精神運動能力の検証試験でも、対照群とプラセボ群に有意な差異がなかったことから、従来の抗ヒスタミン薬と比較して眠気を和らげるアレグラの薬効が確認されている。

 前出のK氏によると「添付文書には車の運転に関する注意書きがないので、それは問題ないと考えている薬剤師は多い。患者さんへも同様に伝えていると思う。しかし、添付文書には少ないながらも眠気の副作用(約0.5~2.3%)はあるので、眠気を感じていなくても集中力、判断力や作業効率の低下などの可能性があることは忘れてはいけない」とのこと。

抗ヒスタミン薬「アレグラ」を飲んでの運転は大丈夫? 飲み続けると本当に太るのか?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、OTC薬アレグラアレルギーグレリンヒスタミン大衆薬花粉症の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!