NEW

独身中年男に大人気のレンタル彼女、どこまでやってくれる?コスプレはOK?気になる値段は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(C)みゆちん
 お姫様、巫女、魔女っ子、看護師、さらには、まさかのエヴァンゲリオン初号機……と、主演する剛力彩芽のコスプレ姿が毎回注目を集めるドラマ『レンタルの恋』(TBS系)。ただし、視聴率は1%台(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と低迷していて、その“大爆死”ぶりが逆に話題となっている。


『レンタルの恋』は、そのタイトルからもわかるように、男性客が業者に所属する女性をレンタルし、料金を支払ってデートを楽しむ「レンタル彼女」を題材としたドラマだ。レンタル彼女は、男性客の好きな場所でデートし、手をつなぎ、下の名前で呼び合うなど、まるで本物の彼女のように振る舞う。

 剛力演じる高杉レミは、客のリクエストを完璧に遂行して必ず満足させる人気ナンバーワンにして“最強のレンタルの彼女”という設定だ。

 実は、このレンタル彼女はドラマのなかだけの架空の業種ではなく、本当に存在する。では、現実のレンタル彼女も、剛力演じるレミのように、男性客の無理難題に応えたりさまざまなコスプレ姿を披露したりするのだろうか。本物の「レンタル彼女」として働く“みゆちん”こと宮崎美優さん(25歳)に、その実態について話を聞いた。

3時間1万9800円で個室NG…ボディタッチは?


 待ち合わせ場所に現れたみゆちんさんは、キャメル色のコートにキャスケットをかぶり、女性らしい柔和な雰囲気の華奢でかわいい女性だった。もともと撮影モデルやアイドル活動をしていて、レンタル彼女を始めたのは3年前だという。

「私の場合、目的は完全にお小遣い稼ぎです。最初はレンタル彼女の存在も知らなくて、『ヤフオク!』で自分の時間を売るところから始めました。暇だったし、男性が『なんでも屋』のようなかたちで『1時間いくら』と出品しているのを見て『これ、いいかも』と思って。オークションなので0円でスタートし、そのときは3時間6000円くらいで落札してもらいました」(みゆちんさん)

 レンタル彼女としての初仕事は、秋葉原観光。相手は40代の「普通のおじさん」で、特に危険なこともなく、メイドカフェやショップをめぐり、雑談して別れたという。

「レンタル彼女の専門業者もありますが、私はお店に所属しているわけじゃないので、かなり自由にやっていますね。デートの場所や日程は、ほとんどLINEでやり取りして決めています。もちろん、危ないことがないように、個室には入らないし、相手を信頼していなければカラオケもドライブもNG。ボディタッチは手をつなぐまで。それ以上はダメです」(同)

 気になるデートのお値段は、基本的に3時間1万9800円の固定料金制。最初は、オークションで相手に料金を決めてもらい時給換算で1時間2000円からスタートしたみゆちんさんのレンタル彼女業だが、最近は顧客が増えてスケジュールを回しきれなくなったため、単価を上げて客数を絞っているのだという。

独身中年男に大人気のレンタル彼女、どこまでやってくれる?コスプレはOK?気になる値段は?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、コスプレドラマレンタルの恋レンタル彼女中年剛力彩芽独身男性の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!