NEW

「ニート」はどこへ消えた? 40代になった17万人~ アベノミクスも逃げ出す経済損失

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

「ニート」はどこへ消えた? 40代になった17万人~ アベノミクスも逃げ出す経済損失の画像1
40代になった17万人のひきこもりの行方は?(depositphotos.com)

 ひきもこり人口は、日本と韓国が突出しているといわれている。複数の調査結果から、わが国の実情を概算すると、推定162万人強の「ひきこもり」が存在する。

 一方、2010年に厚生労働省が発表した概算では、患者数が急増中の精神疾患による経済損失額は年間およそ2兆7千万円に上るというから、アベノミクスもお手上げだ。

 では、そのうち「オトナのひきこもり」層が占める経済損失の割合はいったいどれくらいなのだろうか。

 じつはそれを概算しようにも、根拠とすべき該当人口数が曖昧で、「彼らはどこへ消えた?」的な<二重行政の死角>が、その算出を困難にしている。

 昨秋、内閣府が公表した通称「ひきこもり調査」の正式名称は『若者の生活に関する調査報告書』(内閣府政策統括官)だ。ところが、その「若者」の二文字が曲者で、対象が15~39歳に限られた実態調査なのだ。