NEW

「聞くだけで英語が身につく」教材のまやかし…意外に超役立つ「教材」はこれだ!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 今年こそ新たに何かを始めようと計画し、具体的に取り組んでいる人も多いだろう。特にビジネスパーソンは、仕事に役立つ習い事を考える傾向にあり、なかでも「英語」を学ぶ意欲が高いようだ。


 英語を学ぶには、英会話スクール、通信講座、CD付き書籍など、さまざまな方法があり、どれを選べばいいか考えているうちに、時間だけが過ぎてゆく。そんなときは手っ取り早くなんとかしようと、「1日10分で」「聞くだけで身につく」といったうたい文句の教材を選びたくなる。

 本当にそれだけで、完璧な英語力が身に付くなら忙しい人にもうってつけだが、実際のところはどうなのだろうか。

 アルクの通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」は、1年に1000時間英語を聞いて「耳のブレークスルー」を起こすというコンセプトで、今年、開講35周年を迎える。同講座の永井薫編集長によれば、「聞くことはとても大事だけれど、ただ聞き流すだけではだめ」とのこと。

 「赤ちゃんは親の語りかけを聞いて、徐々に人としての言語活動ができるようになります。人間と言葉との関係は、つまり、聞くことから始まります。『読み、書き、話す、聞く』の4技能といいますが、そのなかでも聞くことは、ほかの技能の習得の土台になります。英語についても、たくさん聞くことは必須です。しかし、同じ『聞く』といっても、意味をとらえようと集中して耳を傾けるのか、意味を持たない単なる音のかたまりが耳を素通りするだけなのかで、学習効果はまったく違います。模範となる英語の音声と、それを正しく書き起こした英文、日本語訳がそろっている教材を使うことをお薦めします」(永井氏)

 また、話す力を身に付けるためには、実際に自分でも声に出すのが手っ取り早い。

 「モデルの音声をそっくりまねして、自分でも口に出して繰り返し言ってみましょう。聞き取った英語を書き取る(ディクテーション)練習も役立ちます。なお、『英語ができる』ことと『英語が話せる』ことは、イコールではありません。日本語でもそうですが、話す前に、相手の言うことが聞けなければ会話は成り立たないからです。また、相手に通じさせるためには文法も非常に大切ですし、何かを説明するには単語力がないと始まりません。つまり、総合的な学習アプローチが必要なのです」(同)

 また、ビジネスの現場で英語が必要という人は、ある程度、英語の基礎力がついたら、実際に現場で耳にするような、生の音声を素材にしたほうが学習効果は高い。

「聞くだけで英語が身につく」教材のまやかし…意外に超役立つ「教材」はこれだ!のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、TOEIC英会話英語通信講座の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!