NEW

気がつかない家庭の悪臭で子どもの集中力が10%以上も低下している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

気がつかない家庭の悪臭で子どもの集中力が10%以上も低下しているの画像1
家庭の悪臭でテスト成績が下がる(depositphotos.com)

 小学4~6年生96人を対象にした不快臭の影響を世界で初めて実証した研究結果が昨年12月に公表された。この研究によると、「汗・体臭」「油臭」「カビ臭」などの悪臭が子供の集中力を1割以上も低下させることが明らかになったという。

 この研究は、杏林大学の古賀良彦名誉教授とプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社の共同研究で、「家庭におけるニオイが子どもの集中力に及ぼす影響」と題されたもので、いわゆる<不快臭>がどれだけ集中力を低下させるのかを①子どもの実感(アンケート)②パフォーマンス(集中力テスト)③集中力の差異・相違を表す脳波(脳波 P300測定)の3点で比較研究されたもの。