NEW

1日1個のリンゴがタバコから肺を守る!? 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」に一筋の光明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

1日1個のリンゴがタバコから肺を守る!? 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」に一筋の光明の画像1
タバコ+アップル=NO-COPD?(depositphotos.com)

 「タバコは身体を蝕む」「百害あって一利なし」――これらの警告は喫煙者には<耳にタコ>、すでに言い尽くされたことかもしれない。

 ところが、リスクが大きく世界的に主要な死因でありながら、いまひとつ認知されているとは言えないのが「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」だ。

 COPDとは、有害物質の吸入によって肺に慢性的に炎症が起き、空気の流れが制限される結果、呼吸困難などの症状がみられる病気。

 COPDによる死亡数は、平成25年で1万6443人(厚生労働省「人口動態統計の概況」)。死因別死亡数は第9位で、日本人全体の死亡総数の1.3%を占める。

 その最大の原因が喫煙だ。喫煙者の15~20%がCOPDになるといわれ、患者のおよそ90%は喫煙歴がある。日本では40歳以上人の9%近くがCOPD患者と推定されており、しかもその多くが医療機関での治療を受けていないという。