NEW

東京五輪までに整備を進める「自転車レーン」で本当に事故は減少するのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

東京五輪までに整備を進める「自転車レーン」で本当に事故は減少するのか?の画像1
自転車の走行レーン示した通称「自転車ナビマーク」

 そこが歩道であるかぎり、ヒトはいきなり右側にも寄れば、無防備に左側へと歩みを変えたりする。原則は「歩行者優先」なのだから、ほぼ歩行者は、いちいち後方確認なんてしない――。

 ところが、そこに通勤・通学で遅刻気味と思しき「立ち漕ぎ自転車」が爆走して来て、あわや追突寸前! あるいは、避け切れない自転車側がその場で横転! そんな朝の「ひやり光景」は、都市部ならば日常茶飯事だ。

 しかも、経済の先行きが一向に見えないアベノミクス下では、自転車の保有台数が増加傾向にあるという(2013年度は推計で7155万台)。

 では現在、全国の路面上で増殖中の「自転車レーン」はこうした歩行者とのトラブル案件を少しでも軽減・改善させる方向へと機能するのであろうか?

「むしろ事故る確率が増える!?」の声も

 国土交通省と警視庁は、従来、バラバラのままで看過してきた自転車が車道を走る際の表示(=走行レーン)を、ようやく統一した。通称「自転車ナビマーク」と呼ばれ、幅75cm以上の矢羽根型(青色)と自転車型(白色)のデザインだ。

東京五輪までに整備を進める「自転車レーン」で本当に事故は減少するのか?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!