NEW

熱愛報道の中居正広、異常過ぎる「私生活の行動と習慣」…記者を追いかけ回して…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 昨年12月いっぱいで解散したSMAP元メンバーの中居正広(44)が、12歳年下の振付師・ダンサーの武田舞香と6年間に及ぶ同棲生活を送っていると、15日付ニュースサイト「NEWS ポストセブン」記事が報じた。

 中居といえば、日頃から「もう他人と一緒に住むなんて、考えられない」などと結婚について後ろ向きな発言をしていたが、それは恋人の存在を隠すためのカモフラージュだったのであろうか。週刊誌記者は語る。

「中居はバラエティ番組などでも、『毎日、長い時は5~6時間くらい独りで台本などを読みながら酒を飲む』『焼酎は2日で一升空ける』『ほとんど外には飲みに行かず、毎日スーパーで鶏の唐揚げみたいな惣菜を買って帰る』『女性と一緒にいるのは2日が限界』などと自ら語っていましたが、今回の報道がもし事実であれば、これらは“一部フィクション”だったということになり、視聴者やマスコミをうまく騙していたともいえるでしょう」

 中居といえば、2008年に歌手の倖田來未との“温泉旅行デート”が週刊誌「フライデー」(講談社)に報じられて以降、目立った熱愛報道はなかったが、なぜここにきて同棲報道が飛び出したのであろうか。

「私たち記者にとって、実は中居は取材対象としてはかなり“面倒くさい”存在で知られています。たとえば、中居は記者に車を追跡されていることを察知すると、真っ昼間でもわざわざ車を降りて記者のところまでやってきて、『はい止めてー』『どこの記者さん?』『先に行ってくれる?』とかわされてしまうのです。また、中居が知人と店で食事している場面を取材していたある記者は、店を出たあとに逆に中居に追いかけられてクレームをつけられたというエピソードは、記者の間では有名な話です。そんな中居ですが、SMAP解散後はジャニーズ事務所の“縛り”も弱まるなかで、週刊誌各誌がメンバー個人のプライベートショットを狙って日々動いており、そんななかで『女性セブン』が中居のマンションに毎日帰宅する武田の動きなどをキャッチし、取材を進めたということでしょう。いずれにせよ、スクープなのは間違いありません」(同)

 中居の結婚は近いのだろうか。
(文=編集部)