NEW

広瀬すず、女性からハンパない嫌悪噴出…ブス呼ばわり、「あざとい」「偽物」

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広瀬すず
 女優の広瀬すずが“ブス扱い”されたとインターネット上で話題になっている。


 事の発端は、昨年末にインターネットテレビ局「AbemaTV」で放送された『業界激震!?マジガチランキング2016年末SP』だ。同番組内の「10代女子が周りが言うほど可愛くないと思う女性有名人ランキング」で指原莉乃や剛力彩芽を押さえて広瀬が1位になり、以下のような辛辣な意見が並んだ。

「性格悪そうな顔してて、あんまりかわいいなって思えない」(16歳女性)

「髪の毛をショートにしてて、こけしみたい」(19歳女性)

「整いすぎて、ちょっと鼻が気持ち悪い。偽物っぽい」(18歳女性)

 これについて、ネット上では「10代女子が広瀬をブス扱い」「“周りが言うほど”だから違う」「半分は嫉妬」など、さまざまな反応が上がっている。

 広瀬は今年3月の日本アカデミー賞において映画『ちはやふる -上の句-』(東宝)で優秀主演女優賞、『怒り』(同)で優秀助演女優賞を受賞しており、昨年も『海街diary』(東宝、ギャガ)で新人俳優賞に輝いている人気女優だ。なぜ、こんな不名誉なランキング入りしてしまったのだろうか。テレビ局関係者は語る。

「一昨年にバラエティ番組でスタッフを軽視するような発言をしてバッシングを受けたことで、すっかり炎上キャラが定着してしまったからでしょう。その前には出演CMのセリフが『卑猥すぎる』として差し替えられたこともあり、業界内では『20代女性の嫌いな若手女性タレント』でトップという話もまことしやかに伝わっています。

 最近も、バラエティ番組で『ほぼ履いたことがない』とピンヒールに苦労する姿を見せたものの、過去にピンヒールで颯爽と歩く動画が掘り起こされて『嘘発覚』『あざとすぎる』と批判を浴びました。なかには、『ソフトバンクのCMのセリフがムカつく』など、とばっちりとしか思えない反応もありますが……。

 実際、今春に高校を卒業したばかりの広瀬ですから、多少のことは大目に見る姿勢が必要でしょう。『広瀬=失言』のイメージをつくったスタッフ軽視発言については、その後有名人がそれぞれの仕事論を展開するなど、『実は深い問題提起だったのでは』という見方も上がっています」(テレビ局関係者)

広瀬すず、なぜ「女が嫌いな女」に?


 実際、別のテレビ局関係者は「今後の日本のエンタメ界は、広瀬なくしては成り立たない」という見方を示す。