NEW

『A LIFE』、壮大な「マサオ」の物語が完結…ラスト・マサオ爆走、廃人→奇跡の生還

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TBS放送センター(「Wikipedia」より/Nobukku)

 今クールの民放連続テレビドラマのなかでは視聴率トップを独走中の『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)。その最終話が19日に放送された。

 同ドラマは、主演の木村拓哉が演じる外科医・沖田一光が、かつての恋人で現在は親友・壇上壮大(浅野忠信)の妻である壇上深冬(竹内結子)の難手術を行うために、壇上記念病院副院長でもある壮大の強い要請を受けて、同病院に勤務するという設定。

 前回放送回では、壮大は深冬に、沖田ではなく自分が手術を行うと告げるが、後日、深冬は壮大と沖田を呼び出し、当初の予定どおり沖田に手術をやってほしいと告げた。これを受け壮大は深冬に対し、「なんでカズなんだ! え? カズは腕がいいからか! カズのほうが信用できるからか! え?」「失敗したら殺されても、カズならいいからか!」などと感情を爆発。するとそこに、壮大が壇上記念病院を別の病院の傘下に入れることを画策していたことを知った院長の虎之介が乱入し、「マサオ君、君を解任する。この男は、この病院を乗っ取ろうとしていたんだ!」と突然、壮大が病院を解雇されるところまでが放送された。

 同ドラマでは、さまざまな事態に直面するたびに対処方針をめぐり沖田と激しく衝突したり、同病院院長で深冬の父親でもある壇上虎之介(柄本明)と経営をめぐり対立したり、さらに深冬の病状への心配に加え、愛人である榊原実梨(菜々緒)の突飛な行動に翻弄されたりと、困難続きで感情を爆発させる「マサオ」こと壮大の“迫真の演技”も話題を呼んでいる。

 そんなマサオの“葛藤っぷり”の印象が強すぎ、「もはや主人公は沖田ではなく、マサオ」現象が発生しているが、今回放送回でも、病院を追い出されたマサオが、ボロボロになったシャツとコート姿で街を徘徊した末に廃屋化した実家に引きこもり、髭モジャモジャ&髪ボサボサ姿でウイスキーをあおる“廃人・マサオ”が、強烈なインパクトを視聴者に与えた。

救い


 そんなマサオを沖田が訪問し、深冬の難手術をやってくれるよう依頼すると、マサオは虚ろな目で次のように独白した。