NEW

清原「二度と手を出さないとは言えない」…薬物依存症は本当に「治る」のか?完治はない?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ところが、日本では一度でも薬物に手を出すと「薬物依存症」というレッテルを貼られ、それが一生つきまとう。元薬物依存症患者や家族も、その事実をひた隠しにする傾向がある。薬物依存症は治療することができる問題だということが、世の中に伝わりきっていないのが現状だ。

「きちんとした治療方法を知らないために、薬物依存症の回復が遅れてしまうこともあります。同じ過ちを二度と繰り返さないためにも、病院や施設でどんな治療が行われているかを、もっと認知させていく必要があると思います」(同)

 これは、有名人の覚せい剤使用をことさら糾弾する一方、その後の治療についてはあまり報道しないメディア側の責任でもある。薬物依存症の問題は、治療法を浸透させていくのも重要な課題であるということを、もっと多くの人が知るべきだろう。
(文=中村未来/清談社)

清原「二度と手を出さないとは言えない」…薬物依存症は本当に「治る」のか?完治はない?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ASKA治療清原和博薬物の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!