NEW

森下悠里が初心者を優しく手ほどき…ハマるとストレス解消にも最適?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あっという間に3つのマシュマロフォンダントが完成!


――次は、何を準備したらいいですか。

森下 フォンダントとカップケーキを接着するためのマジパンをつくります。アーモンドプードルに牛乳を適量入れて、ヘラでかき回しましょう。うまく混ざりあえば完成です。

 カップケーキは、今回は市販のものを使いますが、私はいつも自分で焼いています。市販のホットケーキミックスを使えば簡単につくれるので、一から手作りしてみるのもアリだと思います。これで準備が整ったので、フォンダントを加工していきます。ここからが腕の見せどころですし、楽しくなりますよ!

――ついにキットを使うときが来たんですね。ワクワクします!

森下 せっかくなので、フォンダントを着色してみましょう。キットのマニュアルに書いてあるように、アイシングカラーに爪楊枝で穴を開けます。少量でかなり色がつくので数滴垂らすだけで大丈夫。赤のアイシングカラーを使ってピンクの色を出しますが、少し茶色を加えるとアンティークっぽい感じにもなるんですよ。あとは、青と黄色のアイシングカラーで、緑のフォンダントもつくってみましょうか。


――素敵な色合いになりましたね。

森下 うまくできましたね! では、さっき小分けにしたフォンダントで花をつくってみましょう。大きさが違う抜き型でつくった花を重ねることで、より本物のようなお花になります。モールドを押し型にして、レースやラインパールもつくることができます。このキットはすごく使いやすいですね! 私は道具をひとつずつ買い集めたので大変でした。モールドだけでも通常は数千円するので、かなりお得なキットだと思います。あと、マニュアルも工程ごとに写真が載っていてわかりやすい。初心者のことをよく考えてつくられていますね。



――その、リボンの形をしたフォンダントはすごいですね。いつの間につくったんですか?

森下 四角に切り分けたフォンダントを組み合わせると、リボンも簡単につくれます。つくっているうちに、どんどんアイデアがわいてくるのが楽しいんですよ。誰かと一緒におしゃべりしながらつくるのも楽しいですし、1人の場合は無心になれるのでストレス解消にもなります。


 火も包丁も使わないので、けがの心配もないですしね。あとは、加工したフォンダントをカップケーキに飾りつけて……完成です。すごく簡単でしょう!


――こんなに手軽につくれるんですね! もうお店で売っていてもおかしくないレベルです。


森下 そうでしょう(笑)。つくったお菓子をブログやツイッターで紹介すると、ファンの方から「食べてみたい!」とよく言われるんです。これなら、誰かにプレゼントしたくなりますよね。だから、マシュマロフォンダントは初心者の方にもオススメしたいお菓子です。このキットがあれば簡単につくることができるので、ぜひみなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



(構成=中野龍/フリーランスライター 撮影=尾藤能暢)

※本記事はPR記事です。

森下悠里が初心者を優しく手ほどき…ハマるとストレス解消にも最適?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、お菓子マシュマロフォンダント森下悠里の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!