NEW

ウコンの力、二日酔い予防効果は明言できない?かえって肝臓がんリスク増の恐れも

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ウコンの力」シリーズ
 今年1月、「ウコン(クルクミン)に薬効はないという論文が発表された」という旨の記事が一部ニュースサイトに掲載され、インターネット上をにぎわせた。


 事の顛末は、こうだ。健康食品などに使用されていて二日酔いに効くとされるウコンは、含有成分のクルクミンに効果があると考えられていた。しかし、米ミネソタ大学の研究チームが発表した論文では、クルクミンについて「不安定かつ科学的に反応性が高く、体内に吸収できない化合物であるため、(薬剤の開発に役立つ)可能性はきわめて低い」と記述されていたという。

 また、クルクミンの化学組成は、実際はそうではないにもかかわらず、たんぱく質に作用しているかのような「False Hits(偽の結果)」をもたらす効果があるため、クルクミンの効能はプラシーボ(偽薬)効果に等しい結果というのだ。

「ウコンの力」は意味ない?ハウス食品を直撃


 では、ビジネスパーソンの強い味方でもある「ウコンの力」シリーズは、飲んでも意味がないのか? 販売元のハウス食品グループに取材を申し込むと、以下のような回答があった。

「法律上、効果効能についてはお答えすることができません。ミネソタ大学の論文は、ウコンの中のクルクミンに関する研究のひとつととらえています。ハウス食品グループでは、ビサクロンを含むウコンエキスの研究を進めており、客観的な評価も受けております。なお、当社ウコン製品は安全性の確認を行っております」(ハウス食品グループ広報)

 同社の公式サイトによると、「ウコンの力」シリーズはビサクロン、クルクミン、ビタミンB群4種を配合していることが明記されている。

「ウコンの力」を66本飲んでも効果なし?


 また、薬剤師・栄養学博士の宇多川久美子氏は、今回の発表について以下のような見解を示す。

「まず、この論文はウコンについてではなく、ウコンに含まれるポリフェノールのひとつであるクルクミンについて論じている、ということが大前提です。

 論文では、『クルクミンが人に対して有効とする科学的根拠を示す結果は出ていない』と指摘しています。その理由は、試験管内や動物実験では、がんやアルツハイマー病に対して一定の効果が出ていたものの、実際に人間にクルクミンを投与しても、試験管内や動物実験で期待されたような効果が出なかったというもの。つまり、『クルクミンは人体に吸収されにくい』という性質があるようなのです。

 たとえば、アルツハイマー病に対する効果を調べた研究では、クルクミンを2g(2000mg)含むサンプルを飲んだ人と4g(4000mg)含むサンプルを飲んだ人で実験したところ、4gのほうを飲んだ人の血中にはクルクミンの成分がわずかながら検出されましたが、2gのほうを飲んだ人の血中には検出されなかったそうです」(宇多川氏)

「ウコンの力」(内容量100ml)に含まれるクルクミンの分量は30mg、「ウコンの力 スーパー」(内容量120ml)は同40mgである。実験で2g飲んでも血中にクルクミン成分が検出されないことを考えると、仮に「ウコンの力」を66本飲んで1980mgのクルクミンを摂取しても、その成分は血中に認められないことになる。

ウコンの力、二日酔い予防効果は明言できない?かえって肝臓がんリスク増の恐れものページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ウコンの力ハウス食品二日酔い肝臓がんの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!