NEW
富家孝「危ない医療」

病院とヤクザ、知られざる「ズブズブの関係」…ヤクザのシノギに協力、偽診断書や薬も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 ここのところ、京都府立医科大学附属病院(京都市)で起こった「虚偽診断書」事件が、医療関係者の間ばかりか、一般的にも大きな問題になっている。警察が病院に強制捜査に入るというのも異例だし、偽造を依頼したのが暴力団の総長という点も世間の目を引いた。しかも、大学トップの学長まで辞任するという騒ぎに発展した。

 一般的に、病院を舞台に起こる事件というのは、人命にかかわる医療過誤事件が中心である。ところが、今回はまったく違い、診断書の偽造事件である。これがなぜここまで騒がれ、連日の記者会見、学長の辞任にまで至ったのだろうか。

 まず、事件を整理してみると、発端は同大学学長の吉川敏一氏(69)が、暴力団・淡海(おうみ)一家総長・高山義友希受刑者(60)の腎臓移植手術後の診断書を院長に指示して担当医師に偽造させ、それによって高山総長の収監を遅らせたという疑惑が発覚したことだった。

 高山総長は恐喝事件により懲役8年が確定している受刑者だが、2年半前に腎臓移植手術を受けており、それによって収監を免れていた。しかし、健康が回復すれば刑務所に入らなければならない。これをなんとか逃れようと、診断書の偽造を画策したわけだ。

 これに協力したのが、高山総長が昨年通院していた同病院傘下の武田病院。偽造診断書は、この武田病院から京都府立医科大病院に引き継がれたというのである。

 もちろん、疑惑が発覚した当初、当事者たちは否定した。ところが、病院の回答書と警察が独自に入手した電子カルテの数値が違っていた。腎臓の状況を見るクレアチニンの数値が回答書では「10.6」となっているのに対し、電子カルテでは「1.1」となっていた。一般的にクレアチニンは1.0以下なら正常値である。つまり、「収監に耐えられない」という診断書は嘘ということになった。

 また、実際に診断書を書いた現場医師は「院長の指示で書かされた」と供述。さらに、吉川学長が高山総長と京都市内で複数回にわたって会食していたことも発覚した。

 こうして、虚偽診断書事件は、京都の医学会が暴力団に汚染されているという大問題に発展してしまった。

蔓延する診断書の虚偽


 診断書が虚偽であるということは、一般の世界でもあることだ。たとえば、会社を休んだ際に提出する診断書を医者に頼み込んで、それらしく書いてもらうということは日常的に行われている。しかし、これは発覚すれば、医師法違反で医師のモラルが問われる。医師法20条に「自ら診察しないで治療し、診断書、処方箋を交付してはならない」とあるので、これに抵触する。

病院とヤクザ、知られざる「ズブズブの関係」…ヤクザのシノギに協力、偽診断書や薬ものページです。ビジネスジャーナルは、連載、京都府立医科大学附属病院暴力団虚偽診断書の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!