NEW

袴田「アパ不倫」売名グラドルが「山本裕典と友達」宣言…売名失敗&イベント集客5人で失笑

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青山真麻Twitterより。フォロワーの伸びもイマイチで寂しい……!?

 1月12日発売の「週刊新潮」(新潮社)で、俳優・袴田吉彦との不倫を暴露したグラビアモデル・青山真麻。当初から“売名”が指摘されていたものだが、関係者の間では「売名の成果が出ていない」などと失笑されているという。

 青山は、「新潮」では素性を伏せていて、袴田が格安料金の「アパホテル」にばかり行きたがっていたことなどを証言し、翌週1月19日発売号では、俳優・塩谷瞬との交際歴も告白。すると、その直後の1月20日には「フライデー」(講談社)でセクシーグラビアを披露し、同23日の情報番組『バイキング』(フジテレビ系)に出演するなど、一気にメディア進出を果たした。

「そもそも青山は、素性を明かす前からTwitterで“匂わせ発言”をしていて、売名目的で自らタレコミを行ったことは明らかです。しかし、話題になったのは『アパ不倫』という言葉だけで、彼女自身にはほとんど注目が集まりませんでした」(スポーツ紙記者)

 そんななか、3月27日放送の『バイキング』が、再び青山の最新の動向を取り上げた。青山は同10日にファーストイメージDVD『cool rouge』を発売し、25日に都内でDVD発売イベントを行っていて、番組スタッフも取材に行ったという。

「青山はインタビューで、『(前回同番組に出演した)反響はすごかった』といい、そのおかげで4月に写真集『まっすぐなはだか』(双葉社)の発売が決まったとも。また、前回は『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出てみたいと話していましたが、今回は『バイキング』と同じフジの『ネプリーグ』にラブコールを送りました」(同)

 その一方で、青山は「芸能界の友達」について聞かれると、今月21日に所属事務所から契約解除されたことで話題の山本裕典の名を出す一幕も。

「青山は友達の紹介で山本と知り合ったと話し、『裕典くん』と呼ぶ間柄だったなどと、なんとも“薄い”エピソードを堂々と語っていました。さらに、青山は約5年前、世界的な画家のクリスチャン・ラッセンとも出会っていたといい、交流があった期間に『ホテルで会った』ことや、ブレスレットをもらったことを暴露。しかし、番組がラッセンの事務所に確認したところ、ノーコメントだったそうです」(同)

 同番組では、青山のイベントが「大盛況だった」と伝えたが、別の関係者からは真逆の証言が聞かれた。

「イベントに訪れた客はたったの5人で、閑散としていました。近頃ではスキャンダルから名前を上げる女性タレントも増えつつありますが、ここまで成果に繋がらないというのも逆に珍しい。“炎上物件”として取り上げられているうちに、何らかの手段を講じるべきとは思いますが……」(テレビ局関係者)

 青山は関係を持った芸能人の人数を「5人」などと話しているが、このネタを武器にそれ以上のファン数を獲得できるのか。その結果が判明するのは、そう遠くない未来の話だろう。
(文=編集部)

袴田「アパ不倫」売名グラドルが「山本裕典と友達」宣言…売名失敗&イベント集客5人で失笑のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、不倫山本裕典袴田吉彦青山真麻の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!