NEW
山田まさる「一緒に考えよう! 超PR的マーケティング講座」

【新宿で、奇跡のご馳走「鯛」に出逢った】熊本食材、10年におよぶ試行錯誤の結晶

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あえん料理

 大地や海とつながっているなあと感じられる、そんな料理を出してくれるお店が好きだ。決して高級店でなくても、そういう考え方で、しっかりと料理をつくっている店がある。

 東京・新宿の伊勢丹会館4Fにある和食店「あえん(伊勢丹会館店)」も、そんなお店のひとつだ。ランチの時間帯は、女性客を中心に家族連れやグループでの利用も多く、かなりの待ち時間ができる人気店である。なので、お昼の時間を少し外して利用することをおすすめする。店先の壁に「あえんの想い」というタイトルでこんなことが書かれている。

「『ご馳走を出したい』私たちはこう考えています。ここで言う『ご馳走』とは、ただの贅沢な食事を指すわけではありません。元々『ご馳走』とは大切なお客様をもてなすため馬を使って自らが走り回り、よい食材をかき集めたことに由来するそうです。私たちは1999年の創業以来、日本中の良い食材を探すこと、そしてその素材を生かす料理を作ることに努めて参りました(以下、略)」

 野菜のおいしさには、味・香り以外に、力感のようなものが含まれていて、それがとても大事だと思うのだが、この店で提供される野菜には、間違いなく“力”がある。「あえん」は、実はモスバーガーのグループ会社、モスダイニングが経営するお店で、野菜の仕入れにはモスグループの協力農家とのネットワークを生かしているという。正直、ハンバーガーショップでは実感できなかった野菜の力を感じることができる。

 さて、そんな「あえん」で3月いっぱい(3月1日~31日までの1カ月間)、熊本県産の食材を使用したコラボメニューを期間限定で提供する「ブラボー!くまもと」グルメフェアが開催されている。熊本に数多くあるおいしい食材に注目し、食を通じて多くの方に熊本をお届けする機会の創出と、熊本県の復興支援を目的としたキャンペーンだ。

 ということで、1日20食限定の「くまもとグルメ御膳」(税込1880円)をいただくことにした。サラダは、デコポンとフルーツトマト「まいひめ物語」の組み合わせで、その酸味と甘さはデザートでもいいくらいだ。味噌汁の中には野菜がごろごろ入っているが、なかでも水田ごぼうが、力強く、旨い。メインを飾るのが「みやび鯛」の煮つけである。海草たっぷりのあんがかかっている。注文してから随分時間がかかったのは、この料理のためだろう。この鯛があんまり旨いので、手もとのスマートフォンで調べてみた。熊本県にある株式会社坂田水産が養殖している養殖鯛なのである。坂田水産は、この「みやび鯛」を中心に事業展開をしており、「みやび鮪(マグロ)」もある。ますます気になる。

【新宿で、奇跡のご馳走「鯛」に出逢った】熊本食材、10年におよぶ試行錯誤の結晶のページです。ビジネスジャーナルは、連載、あえんみやび鯛坂田水産の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!