NEW

大魔神・佐々木主浩、“異常な”強運で20億円獲得…驚異の「錬金術」にあやかる極秘情報

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現代の錬金術は予想外のもの

 これが新しい錬金術か――。そう感じた瞬間であった。

 遠い中東の地で行われた3月26日のドバイターフ(G1)。日本から昨年の秋華賞馬、ヴィブロスが出走し、世界の強豪馬を相手に見事優勝した。そして、なんと日本円で約4億円という賞金を手にしたのだ。また、この日のメインレースであるドバイワールドカップで優勝したアメリカのアロゲートは、約7億円の賞金を獲得している。競馬が持つ破壊力をまざまざと見せつけられた。

 ヴィブロスのオーナーである佐々木主浩氏は、元プロ野球選手としても有名で、その総収入は約50億円ともいわれている。引退後に日本中央競馬会(JRA)の馬主資格を取得し、最初の所有馬のアドマイヤマジンがいきなり7526万円を稼いだ。その後、愛馬ヴィルシーナがG1レースのヴィクトリアマイルを2勝するなど活躍し、そして先日のドバイターフでヴィブロスが約4億円を獲得したのだ。さらに、4月の天皇賞には愛馬シュヴァルグランが出走予定と、飛ぶ鳥を落とす勢いである。

 それにしても佐々木氏には驚かされる。ここまでの馬主歴10年ほどでG1レースに4勝し、累計獲得賞金額20億円以上は、ある意味“異常”ともいえる。一方で、芸能人馬主としてはキタサンブラックの北島三郎氏も有名だが、北島氏は馬主になって50年以上たって初めて G1レースで勝利したほどの遅咲きだ。おそらく、これまでに億を超える赤字だったとみられる。さらに、数十年の馬主歴で一度もG1レースを勝てない馬主も多くいるわけで、その現実から見ても佐々木氏の強運は恐ろしささえ感じる。

 しかし、佐々木氏と北島氏に共通していえるのは、2人とも芸能活動や選手生活で稼いだ報酬を競走馬の購入に充て、そのうえで賞金を手にしているということ。本来であれば税金で消えていたはずのお金を経費として競走馬の購入にあて、お金では買えない「G1馬のオーナーと」いう最高の栄誉を得たのだから、これは“現代の錬金術”といえるだろう。その錬金術は、我々一般人にとっても身近なところにもある。それが馬券だ。

日本ほど恵まれた国はない

 日本の競馬は、外国と異なり競馬予想に関するさまざまなデータや予想法が確立されている。それは血統やオッズなど多岐にわたるが、やはり競馬の予想で成功を収めるには情報が重要だろう。なぜなら、競馬はサラブレッドによって行われるからである。

 もちろん、過去のデータも重要だが、レース当日に馬がどんな状態にあるのか、どんな意図でそのレースを使うのか、騎手はどんな乗り方をするのか、それらは結果に大きく影響する重要な要素であり、決してデータでは補えないものだ。しかし、そういった情報は特別な立場にある人しか入手することはできず、その情報を正確に知る人間だけが馬券で勝者になれるというのが現代競馬の錬金術だ。

 データは公平に開示されているが、情報は公平に開示されるものではない。なぜなら、そこには人間の思惑があるからである。

 誰でも、馬券の的中につながる重要な情報を独占したいと考えるのは、極めて当然のことだ。では、その情報を独占するのは誰なのか--。答えは、馬主だ。

馬主にはさまざまな特権がある

 馬主は騎手や調教師と違い、馬券を買える唯一の“競馬関係者”だ。自分の馬が走るのに合わせて馬券でも勝負するのだから、その情報を他人に知られたくないと思うのは当然のことだ。それに、競走馬は数百万円から数億円もする高額なもの。馬券で少しでもその代金を回収したいと考えるのも理解できる。多くの人が勝負情報を知ることによってそのオッズが下がり、自分の儲けが少なくなるのを防ぎたいと考えても不思議はない。

 そして、それは今のマスコミを見てもよくわかる。たとえば、スポーツ紙やテレビ、競馬専門雑誌で、馬主本人による“勝負話”は、まず見られない。しかし、“本物の馬主情報”を知る方法がひとつだけあるので、今回はそれを公開したい。それは、馬主情報を専門に扱うサイト、「トップシークレット」だ。

 馬主情報といってもさまざまで、「この馬いいらしいよ」という軽いや、「この馬はここが勝負らしい」という重要な情報など、ピンからキリまである。馬主が買う馬券のなかには、「所有馬の応援馬券」というケースもあるようだが、基本的に馬主は大企業などの社長であるため、無駄な投資は極端に嫌い、逆に「ここが勝負」と見極めた際には、数百万から数千万単位で馬券を購入するという。それをトップシークレットでは「馬主の大口勝負」と呼んでいる。

 彼らが「ここが勝負」と見極めるまでには、本命馬から相手全馬まで入念な調査と裏付けを実施し、さらに過剰な人気にならぬよう各方面へ根回しするなど、マスコミでは到底できないことをしている。それは、競馬情報のなかで「もっとも確実で、破壊力も抜群」と言っても過言でないだろう。

 トップシークレットでは、今週末の大阪杯についても、すでに「馬主の大口勝負」に関する情報を入手済みというから期待は高まる。情報漏洩防止の観点から、現時点で詳細は明らかにされていないが、この大阪杯には「決して大々的には報じられない驚愕の馬主情報』が存在するという。

 過去の「馬主の大口勝負」を振り返ると、いくつか大興奮を巻き起こしたシーンがある。昨年のエリザベス女王杯では、誰も注目していなかったような超人気薄のシングウィズジョイの勝負情報があり、なんとこの馬が12番人気だったにもかかわらず2着に入った。トップシークレットは、206.8倍の高配当を的中させた。さらに、一昨年の有馬記念では8番人気という低評価のゴールドアクターを本命に推した。それがあっさり勝利し、ここでも203.6倍という超高額万馬券をズバリ的中させた。

大阪杯の展望は?

 昨年の年度代表馬キタサンブラックや、昨年のダービー馬マカヒキなどが人気の中心となりそうな今年の大阪杯だが、トップシークレットの情報網は、ある馬主関係者から“驚愕の情報”を入手したようだ。それによると、「12番人気馬の好走をスッパ抜いた、昨年のエリザベス女王杯にも匹敵する穴馬が存在する」とのことで、情報どおりに決まれば「10万円を超える万馬券を狙って獲ることさえ夢ではない」というから、いやがうえにも期待は高まる。10万馬券とは、1000円分購入して的中すれば100万円の払い戻しになるわけで、これは絶対に見過ごせない話だ。

 しかも、トップシークレットでは「馬主情報」の威力を多くの方に体感していただきたいとのことで、驚愕の馬主情報を入手している「大阪杯の3連単勝負馬券」を特別に無料公開するイベントを開催するとのこと。「馬主の大口勝負」を無料で知ることができれば、“関係者気分”を味わえるだろう。終わった後に後悔しないためにも、今すぐこのトップシークレットの「大阪杯無料情報」を手に入れよう。
(文=編集部)

無料情報CLICK → 「大阪杯の3連単勝負馬券」

※本稿はPR記事です。

大魔神・佐々木主浩、“異常な”強運で20億円獲得…驚異の「錬金術」にあやかる極秘情報のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、佐々木主浩北島三郎錬金術馬主の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!