NEW

ファミレス、24時間営業終焉で定休日も…元祖・ロイホの凋落、もはや主力はホテル事業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロイヤルホストの店舗(「Wikipedia」より/Kici)「

 年中無休や24時間営業で業績を伸ばしてきた外食産業が、営業時間の短縮にかじを切った。日本マクドナルドは24時間営業店舗を4割以上削減した。吉野家も全店舗の約5割にあたる店舗で24時間営業をやめている。ファミリーレストラン最大手のすかいらーくは24時間営業を大幅縮小し、原則として深夜2時閉店とした。

 ロイヤルホールディングス(HD)はファミリーレストランロイヤルホスト」の24時間営業を今年1月までに全廃した。24時間営業の全面廃止は、業界では同社が初めてだ。店舗当たりの平均営業時間も1.3時間短い15.5時間にする。この措置により、2%の減収になると試算している。

 黒須康宏社長は「人口減少などで労働力の確保は年々厳しくなっている。減収は覚悟せざるを得ない」と語っている。定休日についても「考えるべき時代が来ている」として、導入を検討していく方針を明らかにした。

 外食業界では労働環境が劣悪な企業には「ブラック」の厳しい評価が下される時代となった。一度ブラック企業とのレッテルを貼られれば、マイナスの影響は計り知れない。働き方改革の比重は確実に高まっている。人手の確保が難しく、人件費が上昇していることも各社の背中を押す背景にある。

ホテル事業が業績を牽引


 ロイヤルHDの2016年12月期の連結決算は、5期連続の増収、8期連続の経常増益となった。売上高は前期比2.1%増の1330億円、営業利益は6.6%増の52億円、経常利益は3.7%増の52億円、純利益は12.8%減の23億円だった。

「リッチモンド」ブランドのホテルが好調で、ロイヤルホストなど外食の苦戦を補った。固定資産の売却損や減損損失など総額9億6500万円の特別損失を計上したため、最終減益となった。

 17年12月期の売上高は0.4%増の1335億円、経常利益は7.6%増の56億円と6期連続の増収、9期連続の経常増益を見込み、年間配当は16年比2円増の22円を予定している。

 リッチモンド東京芝(旧・ホテルコンソレイユ芝・東京)など、リッチモンドブランドのホテルを全国で展開しており、民間の宿泊顧客満足度調査で1位に選ばれたことで人気が高まり、利用者が増えた。一部ホテルでハラル(イスラム法で許された料理)対応メニューや多言語による接遇をするなど、訪日客向けのサービスを強化したことも利用者増につながった。

ファミレス、24時間営業終焉で定休日も…元祖・ロイホの凋落、もはや主力はホテル事業のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ファミリーレストランロイヤルホスト日本マクドナルドの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!