NEW

メシ情報とウンチク満載の球場食漫画『球場三食』作者:渡辺保裕 インタビュー!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1703_meshiBJ.jpg
『球場三食』(作:渡辺保裕、講談社)

 本日3月31日、いよいよプロ野球が開幕! 「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」も大盛り上がりのうちに閉幕し、近年は観客動員が回復しているといわれているプロ野球。中でも密かに人気になっているのが、球場で個性的なメニューが続々と登場する「球場メシ」。

 それを、細かな野球の豆知識とともに「うまそー」に紹介しているのが、「アフタヌーン」(講談社)で連載中の野球観戦漫画『球場三食(きゅうじょうさじき)』だ。

 球場観戦に一家言を持つ主人公が全国のスタジアムへ赴き、ウンチクをたれながら球場メシを堪能するという、ありそうでなかった野球漫画でありグルメ漫画は、どのような取材をして描いているのか? 作者の渡辺保裕先生を直撃した。

1703_meshi02BJ.jpg
撮影:松沢雅彦

きっかけは野球好き同士の会話から


── 『球場三食』は、主人公・日下昌大(くさかまさひろ)が独自の“観戦心得”をもってプロ野球の球場を訪れ、こだわりの球場メシを食し、色々なウンチクをこぼしながら、野球観戦を堪能するというストーリーです。野球マンガとしては、ありそうでなかったテーマですね。どういう経緯で連載に至ったのですか?

渡辺保裕(以下、渡辺) 私は『ドカコック』(週刊漫画ゴラクほか)というグルメ漫画も描いていますが、その編集の共通の知り合いを通じて現在の担当である講談社の編集を紹介してもらったんです。それで、一緒に食事をしたときに「野球ものやりたいですよね」というお話になって、「野球ものでメシものはどうか」とご提案いただいたんですよ。そこから球場メシをメインに据えてネームを描きだした、という流れです。

── ちょうど食べ物を描く作品も手がけていたので、ノリ良く決まっていった感じですね。

渡辺 でも、しばらくは寝かせた状態になっていたんですよ。その間は明治神宮球場(以下「神宮球場」)に通い詰めながら、“下調べ”と称して神宮球場の大概のメニューを食べつくしました。そのなかで、「ライトスタンドにある『ルウジャパン』のソーセージのメガ盛りはメインイベントだよな」とかいろいろ練りながらぼちぼちネームができてきた頃に、「◯月◯日〆切りで」という話が来たので、急いで描いて持っていったんです。そこからは(連載開始まで)トントン拍子でしたね。

── 連載初回の神宮球場編以降も、ご自身で実際に球場に行って、実体験的に取材しているのですか。

渡辺 もちろん。元々野球好きなので事前に知っていることはあるし、先にある程度調べますけど、球場に行って得ていることが多いです。

── 主人公の日下は、球場観戦に行く際に自己ルールを決めています。「野球観戦日の食事は三食すべて球場内で調達する」というのもそのひとつで、それが漫画のタイトルにも結びついています。渡辺先生も野球観戦のときには同じようにしているんですか?

渡辺 さすがにそれは(笑)。でも、やってみたことはありますよ。夏場だったので1杯目のビールは死ぬほど美味しかった。球場メシの楽しみ方としてはアリじゃないですかね。

1703_meshi03.jpg
神宮球場といえばこれ! 表紙にも登場した「ソーセージ・メガ盛り」

駅からの道のりから取材開始


── 現地ではどのような流れで取材をしているのでしょうか?

渡辺 チケットを自分でとるところから始めます。座席も自分で選びますね。最寄り駅を降りてからは、すべてが取材です。写真を撮りながら球場へ向かいます。

── ごく普通の客として体験していくわけですね。主人公の日下のモノローグで紹介される球場の豆知識などは、コアなファンしか知らないようなものも盛り込まれています。第1幕の神宮球場編の冒頭から「正面入口にある『明治神宮野球場』という大きな看板の『宮」』の字は旧字で上下の『口』と『口』が結ばれていない」とか。あれは調べたのですか?

渡辺 いや、前から知っていました。実は、知っている人が多いと思っていたんですけど、「知らない」という反応が周囲で多かったので。豆知識は自分が元々知っていたものを入れることが多いですね。

── 日下は球場入りすると、観戦しやすい穴場的な座席について持論を展開しながらその席につきます。あれも渡辺先生が現地で見つけているんですか?

渡辺 はい。場内を歩き回りながらチェックしています。普段はあまり行かないようなところにも行ってみたりして。いろいろな発見があるので楽しいですよ。

── 現在はファンクラブのマイレージとかもあって、日下も球場の機械で来場ポイントをつけていました。渡辺先生もファンクラブに入っているのですか? 

渡辺 9球団に入りました。広島はもう締め切られていて入れなかったんですよ。あと、DeNAとロッテも入っていなくて……。千葉出身なんですけどね(笑)。

── いまどきのファンクラブは、たくさんの特典がありますよね。

渡辺 来場特典などもあるので、レプリカユニフォームがもらえる日などは「資料をゲットするために!」という名目でせっせと球場へ通っています。おかげさまで、野球を観に行くことに罪悪感がなくなりました。「仕事だから、しょうがねぇな」って(笑)。

『球場三食(1)』

球場とは男の棲家。そこには夢とロマンと美味いメシがある。本作の主人公はプロ野球12球団のファンクラブに入り全国の野球場を巡る、さすらいの観戦人。球道に生きる者として一日3食は全て場内で調達する。1巻で紹介するのは神宮球場、西武ドーム、マツダスタジアム、東京ドーム、そして在りし日の藤井寺球場。さらに「特典」も超充実。描き下ろしコラム、登場した球場の完全データ、さらには作者インタビューも緊急収録だ!

amazon_associate_logo.jpg

メシ情報とウンチク満載の球場食漫画『球場三食』作者:渡辺保裕 インタビュー!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、アフタヌーンキビタキビオ渡辺保裕球場三食の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!