NEW
新見正則「医療の極論、常識、非常識」

なぜ眼科医は、自身はレーシック手術を受けない?安全性認められず危険?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 今回は、年々進歩し飛躍を遂げる医療に上手に付き合っていく方法のお話です。“極論君”は「ちょっとでも良さそうなことは、どんどんと取り入れる」という姿勢です。「ピロリ菌が胃にいるとわかれば当然除菌してもらうし、メガネが不要となる角膜屈折矯正手術、いわゆるレーシックなどはすぐに行う」という立ち位置です。

 一方で“非常識君”は、「新しい治療や最新の手術は、その後の成績や不利益な結果が不明なので、相当様子をみてから、そして相当数の人が行って安全性が判明してから考える」という態度です。

“常識君”のコメントです。

「まずピロリ菌の除菌は健康保険が適用されますが、レーシックは適用されません。つまりレーシックは自費です。健康保険が適用されるということは厚生労働省がその効果とある程度の安全性を認めているということです。ですから、ピロリ菌が胃にいれば除菌は行ったほうが良いでしょうが、レーシック手術は自費ですので、メガネやコンタクトで問題ない人があえて自費診療を選ぶ必要もないと思います」

 極論君の意見です。

「以前はピロリ菌の除菌も健康保険の適用ではありませんでした。平成12年に胃潰瘍と十二指腸潰瘍に対して除菌が保険適用になりました。そして平成19年に最初の除菌治療が失敗したときに行う二次除菌も保険適用になりました。平成22年には胃MALTリンパ腫や特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後の患者さんにも保険適用になりました。そして平成25年に慢性胃炎にも対しても健康保険が認められました。

 つまり、ピロリ菌に感染していても慢性胃炎であれば平成25年までは保険適用にならなかったのです。少々の自費負担額を惜しんで保険適用になるまで待っていては、最善の治療に乗り遅れることになるではないでしょうか? いまや慢性胃炎でピロリ菌に感染していれば、除菌を勧めることは医師としての責務です。将来の胃がんの発生を相当減らせる可能性があるからです。医療保険の適用は遅すぎることがあるのです。自分が慢性胃炎でピロリ菌が陽性であれば、除菌をしない消化器の専門医は、まずいないと思います」

なぜ眼科医は、自身はレーシック手術を受けない?安全性認められず危険?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、レーシック手術健康保険眼科医の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!