NEW
新見正則「医療の極論、常識、非常識」

医療、「エビデンス」偏重の危険な罠…「証拠のあること」だけで病気は治らない?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 今回はエビデンスのお話です。“常識君”の解説からです。

「医療や医学でいうエビデンスとは、臨床的な証拠といった意味です。ある薬剤や処置、対処が効果的かどうかを判断するために、その薬剤や処置、対処のある群とない群を設けて、そして比べるのです。そこに差があれば有益ということになります」

“極論君”は、「エビデンスがない治療はまったく信じない」という立ち位置です。一方で、“非常識君”は「エビデンスがなくても良さそうなことは、なんでもやってみる」という考えです。

 常識君の解説の続きです。

「薬剤では医者や患者の思い込みが入らないように、医者も患者も実薬か偽薬かがわからないようにして、そして比較試験を行います。これを二重盲検試験と呼びます。この試験がもっとも信頼性が高いといわれます。薬剤が保険適用として認可されるには、しっかりしたエビデンスがないと認めてもらえません」

 極論君は言います。

漢方薬は、西洋薬のような臨床試験を経ずに、歴史的に有効という観点から、保険適用が認められました。僕の理解では、エビデンスに乏しい薬剤ということになります。ですから僕は漢方薬を使用しません」

 非常識君は言います。

「漢方薬は、確かに実薬と偽薬を用いた臨床試験を経ずに保険に収載されました。漢方薬には効く人と効かない人がいます。それを『証』といったりしますが、そんな昔の言葉が嫌な人はレスポンダー(反応群)と言い換えればいいのです。レスポンダーを探す技術が現代科学に即していないので、多くの漢方薬では実薬と偽薬を用いた試験を行っても差が判然としません。いずれ、レスポンダーを抽出する現代科学的技術が登場すると、漢方の臨床試験も有意差が出ると思います」

エビデンスがはっきりしないことも大切


 そして非常識君がコメントします。

「エビデンスとは野球でいうと、その選手が出場するかしないかで勝率に差が出るようなイメージです。実はそんな選手はなかなかいません。また、その選手が出ても負けることもあれば、出なくても勝つこともあります。しょせんは確率の問題です。そんな有能な選手は、誰が監督でも使います。監督の手腕は、つまり勝率に差が出るのは、次のランクの選手をどう使うかにかかっています。

 つまり、病気に対応するには、エビデンスがある薬剤は当然に使用しますが、エビデンスがないようなことも、いろいろと試みることが大切と思っているのです。漢方も有用であれば使用しますし、また当たり前と思える日常生活の管理もしっかりと行います。できれば禁煙、お酒は控えめ、バランスの良い食事、そして適切な運動、過剰なストレスは避けて、適度のストレスには打ち勝つ力をつける、そんなことはエビデンスとしてははっきりしたものはないかもしれませんが、でも大切と思っているのです。エビデンスがある薬剤だけを使用して、ほかはいい加減では、あまり良い結果が出ないと思います」

医療、「エビデンス」偏重の危険な罠…「証拠のあること」だけで病気は治らない?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、乳がん抗がん剤漢方薬の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!