NEW

香取慎吾、隠し子疑惑で「開き直り」…ジャニーズの「梯子外し」でマスコミの餌食に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
図=嶋名隆/イラストレーター
 あの国民的アイドルグループの元メンバーに、衝撃の疑惑が浮上した――。

「週刊文春」(文藝春秋/4月13日号)は、昨年末に解散したSMAP元メンバー、香取慎吾と少年が2人きりで都内の遊園地で仲睦まじく遊ぶ様子を報じている。記事によれば、香取と交際中の女性、そしてこの少年は3人でハワイ旅行などにも行っているという。週刊誌記者は言う。

「香取は20年以上にわたりこの女性と同棲していることは、ファンの間でも有名で、いわば“ファン公認の仲”です。香取がその女性と少年と3人だけで海外旅行にいくのみならず、少年と2人きりで遊園地で戯れているということで、今回の“隠し子疑惑”が浮上したわけです。実は香取はまだ20代の頃、この女性とのツーショットが週刊誌に撮られたこともありましたが、2000年代に入った頃から、どのマスコミもキャッチすることができず追うのをやめていました。それほど香取のガードが堅かったということですが、ここにきてそのガードを外し、人目をはばからずに都内で少年と外出するというのは、“もう逃げも隠れもしない”という香取のサインのようにも思えます。『文春』の写真を見ても、香取は顔丸出しで、隠れる素振りは微塵も見受けられません」

 いったい何が、香取に心境の変化をもたらせたのだろうか。

「SMAP結成時、香取はまだ小学生で、メンバー内ではもっとも年齢が低い頃からSMAPに浸ってきました。そして、リーダーは中居正広でしたが、香取はSMAPのコンサートの全体演出としてプロデューサー的な役割を務め、『どうすれば個々のメンバーの魅力を引き出すことができるのか』『どうすればグループとして最高のステージをファンに見せることができるのか』ということを、SMAP内でもっとも考えてきたメンバーです。昨年の解散危機の際、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川副社長からグループ継続を打診された際、たった一人香取のみが明確にノーの意思を示しましたが、『SMAPとして“かたちだけ”見繕うことはできても、もう最高のパフォーマンスを見せることはできない』という香取なりの深い考えに基づく判断だったのでしょう。

 そのSMAPが解散した今、もう香取にとって隠すべきものは何もないし、芸能活動を続ける理由もない。実際にSMAP解散が決定的になって以降、現場での香取の覇気のなさは業界内で漏れ伝わっていましたし、解散後も精力的に仕事をこなし露出も多い他のメンバーとは対照的に、香取の仕事量が激減したのは明らか。近いうちに結婚の発表が出ても、おかしくはないでしょう」

ジャニーズの“梯子外し”


 また、今回の報道の背景について、別の週刊誌記者は語る。

「昨年末にSMAPが解散した途端に、今年に入り草なぎ剛の年内結婚説、3月には中居の同棲、そして今回の香取の件と、堰を切ったように元メンバーの女性関係が報じられています。今のジャニーズにとって、解散騒動で事務所からの独立を企てた中居ら4人は、今では“どうでもいい存在”であり、何かトラブルがあっても積極的に守るつもりはない。それを察知したマスコミ各社が、まるでこれまでの鬱憤を晴らすかのように木村拓哉以外のメンバーへのアタックを始めています。いってみれば、香取たちは、ジャニーズの“梯子外し”によってマスコミの恰好の餌食になっている状態でしょう」

 今後もSMAP元メンバーたちのスキャンダル報道は続きそうだ。
(文=編集部)

香取慎吾、隠し子疑惑で「開き直り」…ジャニーズの「梯子外し」でマスコミの餌食にのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、SMAP中居正広香取慎吾の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!