NEW

草野仁も利用している、夢のような制度…気軽に馬主気分が味わえ、3千万円の配当金獲得!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
14年の有馬記念を制したジェンティルドンナ…この馬の権利を一口でも保有していたならば、馬主気分で大金を手にできた?

年収1700万円が条件とは…

 日本中央競馬会(JRA)の個人馬主になるのは、一般サラリーマンではまず難しい。過去2年の年収が1700万円以上、そして7500万円以上の資産が必要になるなど、そのハードルは高い。確かに、1頭あたり月に約70万円の預託料が必要になるのだから、収入も資産もなければすぐに破綻してしまう。しかし、一般人でも収入制限などなく馬主気分を味わえ、そして賞金がもらえるプログラムがあるのをご存じだろうか。それが「一口馬主クラブ」だ。

 これは20~500口(数万円から数百万円)に分けられた競走馬の権利を買い、預託料などの経費を負担しつつも、レースの結果に応じて賞金も獲得できるというもので、熱狂的な競馬ファンが多く参加している「究極のスタイル」といえるほどの制度だ。

 たとえば、一口馬主クラブ最大手であるサンデーレーシングが募集していたジェンティルドンナは、募集価格3400万円で40口(一口85万円)だった。引退まで約17億3899万円の賞金を稼いだが、そこから諸経費を除いた金額を40口で割り、一口当たり約3000万円が出資者に支払われた。月70万円の預託料も、40人なら一人2万円弱で負担は軽い。しかも、レースに勝てば記念撮影にも参加できるなど、まさに本格的な馬主気分を味わえる。クラブ馬主を利用する競馬ファンは多く、15億円以上を稼いだブエナビスタはタレントの草野仁も利用していたという。

 近年は、クラブ所有馬の活躍がめざましい。たとえば、今週末には第77回皐月賞が行われるが、同レースでは過去10年で5頭のクラブ馬が優勝している。今年もクラブ馬が多く出走予定で、しかもそのほとんどが優勝候補に挙げられている。

 その筆頭格は、3戦3勝で世代最強といわれるレイデオロ(キャロットファーム)、そして同じく3戦3勝で“紅一点”のファンディーナ(ターフ・スポート)だ。ほかにも、アルアイン、ダンビュライト(共にサンデーレーシング)、ウインブライト(ウイン)、ペルシアンナイト(G1レーシング)といった重賞実績のある有力馬が出走するのだ。

一口馬主クラブ・ウインの所属馬で、皐月賞優勝候補の一角であるウインブライト

 皐月賞の優勝賞金は1億円で、400口で募集されたレイデオロが勝てば出資者が手にするのは一口当たり約20万円。40口で募集されたアルアインが勝てば、一口当たり約200万円という破格の賞金を手にすることができる。これぞ究極の競馬ファンの姿であり、熱狂的なファンが多いことも納得できる。

馬券と両立して最高の結果に

 このような一口馬主クラブを楽しみながら、さらに馬券でも儲けるのが競馬ファンにとって理想的なスタイルだろう。だが、一口馬主になるにしても、活躍する馬を当てるのはなかなか難しい。サンデーレーシングは今年82頭の募集を行ったが、まだ半数以上は未勝利やデビュー前、そして一部はすでに引退しているのである。そのなかには、募集額1億2000万円や8000万円など、期待値の高い馬がおり、それなりにリスクもあるといえる。だが、そのリスクを馬券で収益を上げて補えればハードルはぐっと低くなる。しかも、馬券の利益が多ければ、さらに別の馬を所有する資金に回すこともできる。

 はっきり言って、馬選びにヒントはない。活躍したオルフェーヴルの妹に出資したら、デビューできずに安楽死となったというケースもある。しかし、馬券に関していえば、彼らに任せておけばいいという「最強の頭脳集団」がある。それが「ホースメン会議」だ。

 ホースメン会議は、元JRA騎手や競馬記者が多く在籍し、創業36年の歴史を誇る最大手の競馬情報会社だ。現存する競馬予想会社のなかで、もっとも歴史のある会社といって間違いないだろう。創業から36年も存続していることから、実績と会員からの支持がうかがえ、その存在自体も伝説的なものといえる。

 このホースメン会議を語る上で注目すべきは、“予想の神様”といわれた故大川慶次郎氏だ。ホースメン会議は、大川氏が

「一人でも多くの方に競馬の素晴らしさと勝つ喜びを伝えたい」

という目的で創設したもので、大川氏が亡くなった後も最高のスタッフがその意志を継承して競馬ファンに最高の予想を提供している。

 そのホースメン会議に所属するのが、大川氏唯一の後継者として知られる能勢俊介氏だ。同氏はテレビやラジオなどさまざまなメディアで活躍しており、その予想理論は的確で隙がない。3月26日に行われた高松宮記念で、優勝したセイウンコウセイを抜擢して的中に貢献した。

 また、1987年に皐月賞をサクラスターオーで優勝した東信二元JRA騎手も、ホースメン会議を代表するメンバーのひとりだ。東氏は3月26日、大波乱となったマーチステークスにおいて、10番人気で勝利したインカンテーションの「勝負ネタ」を掴んで万馬券を的中させるなど、引退後も現役関係者と太いパイプを持っている。

 この2名だけでなく、東西の大手スポーツ紙で活躍した一線級の競馬記者が大川氏の意志を引き継いでホースメン会議で活動しており、まさに究極の予想を競馬ファンに提供しているのだ。

左から順に、日刊スポーツ本紙を30年近く務めた堀内泰夫、元JRA騎手の東信二、総監督である能勢俊介、レース解析のプロと呼ばれる佐々木利光

 もちろん、的中実績も素晴らしい。前述した高松宮記念やマーチステークスの万馬券的中だけでなく、厳選された提供レースのなかでも、当然のように万馬券を的中させている。さらに、皐月賞は2013年から15年まで3年連続で的中させており、今年も相当な自信があるという。

「ホースメン会議は、重賞やG1レースよりも人気のない下級条件戦であっても、より的中に自信があって配当が見込めれば、その下級条件戦を会員に推奨します。しかし、今年の皐月賞はモノが違います。今まで集まってきた情報の内容、牝馬ながら挑戦して関係者を混乱させたファンディーナの裏事情。とにかく、あらゆる情報が噛み合って、“今年1番”といえるほどの自信があります」(ホースメン会議担当者)

 自信にあふれたコメントからも、武者震いを感じるほどの期待を抱かせてくれる。これほどの会社がむやみに「自信」を口にするわけがない。完璧な裏付けと相当な手応えがあるのだろう。

 是が非でもその情報内容を知りたいところだ。折りしもホースメン会議は、皐月賞で「特別無料キャンペーン」を実施するという。

 それは、ホースメン会議を初めて利用する人を対象に、『1日1鞍の渾身予想』を5月28日の東京優駿(日本ダービー)当日まで無料公開するというキャンペーンだ。

 さらに、G1レースの人気コンテンツである『G1スペシャル分析』も完全無料公開するという。このコンテンツでは、ホースメン会議調教班による「出走馬全頭の追い切り報告」や、直前までに収集した一部の情報を含めた「全頭徹底分析」を公開するとのことで、平日でも競馬を楽しめるのだ。

 これはビッグチャンスだ。今週から利用すれば、日本ダービーまで無料でホースメン会議の「究極予想」を利用できる権利を得られるのだ。今すぐその権利を手にしようではないか。
(文=編集部)

特別無料キャンペーンCLICK→皐月賞~日本ダービーまで『1日1鞍の渾身予想』

※本稿はPR記事です。

草野仁も利用している、夢のような制度…気軽に馬主気分が味わえ、3千万円の配当金獲得!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ウインブライト一口馬主クラブ皐月賞草野仁の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!