NEW

テンプスタッフ、炎の女性「大博打」経営者、総資産1千億円…8坪の事務所でゼロから起業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 テンプホールディングス本社がある新宿マインズタワー(「Wikipedia」より) 

 米経済誌「フォーブス」は3月8日、一代で10億ドル以上の資産を築いた世界の「たたき上げ女性長者」ランキングを発表した。ランキングは国際女性デーに合わせて発表されたもので、今年は56人(前年は42人)がランクインし、アジア勢は29人を占めた。

 人材派遣会社大手、テンプホールディングス(HD)創業者の篠原欣子名誉会長が11億ドル(約1250億円)で、日本人で初めて48位に入った。

 フォーブスの日本版「フォーブスジャパン」は、「日本で最も成功した女性起業家、テンプスタッフ篠原欣子の人生」とのタイトルで、以下のように報じている。

「今から約40年前、高校卒業後にイギリスとオーストラリアの企業で秘書職を経験した篠原欣子は、自宅の一室で人材派遣業のテンプスタップを創業した。現在82歳の彼女は、日本で最初の資産10億ドルを超える女性起業家となった。

 篠原は2013年にテンプスタッフの持ち株会社のテンプHDの会長職に就いた。昨年の同社の売上高は45億ドル(約5100億円)。ここ1カ月ほどで株価は11.5%の上昇となり、同社株の25%を保有する篠原の資産額は10億ドルを突破した」

保有株の半分を売却、福祉教育事業に充てる

 篠原氏の人生は苦難の連続だった。1934年10月19日、神奈川県横浜市に生まれた。8歳で学校の校長だった父親が病死。助産師として働く母を見て育ち、自立した女性像に憧れたという。高校卒業後、三菱重工業などでOL生活をした。転機は、結婚に失敗し32歳でスイス、イギリスに留学したことだ。語学と英文タイプ、秘書実務を学び、その後、オーストラリアのマーケティング会社の社長秘書として2年間働いた。その地で「誰かが休むと、どこからともなく優秀な人がきて、サーッと事務処理していく」人材派遣業の存在を知る。

 帰国した篠原氏は73年にテンプスタッフを資本金100万円で設立。東京・六本木にわずか8坪の住宅兼オフィスを借り、電話と事務机ひとつでスタートした。38歳という遅咲きの起業家だった。篠原氏は、国内の人材サービス市場をつくりあげた立役者のひとりだ。

 篠原氏の最大の決断は、2013年にテンプHDが人材紹介サービスのインテリジェンスHDを買収したことだ。純有利子負債を含めた買収総額は680億円と巨額案件だった。

テンプスタッフ、炎の女性「大博打」経営者、総資産1千億円…8坪の事務所でゼロから起業のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、インテリジェンステンプスタッフフォーブス篠原欣子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!