NEW

嘘だらけの「ウナギ絶滅」説…中国産でもニホンウナギ、日本人悪玉論はデマ、謎の生態

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 蒲焼きや鰻重をはじめとする料理で、日本人の食文化に根付いているウナギ。以前からお高いイメージはあったものの、近年はシラスウナギ不漁が続き、流通量が激減し、ここ10年ほどで価格が高騰していった結果、今や高級食材となってしまっている。

 そんなウナギだが、実はその生態は知っているようで知らないことが多い、もしくはいまだに解明できていないことが多い生き物でもあるのだ。

 そこで今回は、ウナギに関するトピックをメインに扱っている業界専門紙「日本養殖新聞」の取締役である高【編注:正式表記は「はしごだか」】嶋茂男氏に、ウナギにまつわる疑問について質問をぶつけてみた。

絶滅危惧種指定ながらウナギが消えない理由


 まず、絶滅危機にあるというウナギの現状はどのようになっているのだろうか。

「日本人に親しまれているウナギは『ニホンウナギ』という種で、2014年にIUCN(国際自然保護連合)がレッドリスト、いわゆる絶滅危惧種に指定しました。絶滅危惧種と聞くと、もう食べられなくなるのかと思われがちですが、法的拘束力は何もないので、そのようなことはありません。

 ウナギは亜種を含めて19種おり、そのなかで食用とされているのはニホンウナギのほかに、ヨーロッパウナギ、アメリカウナギ、オーストラリアウナギなどがあります。レッドリストに指定されたのはヨーロッパウナギ、アメリカウナギ、ニホンウナギの3種なのですが、ヨーロッパウナギは『絶滅危惧IA類』で、アメリカウナギとニホンウナギは危機的ランクとしてはその下にあたる『絶滅危惧IB類』となっています。

 また、ヨーロッパウナギはワシントン条約の附属書2【編注:正式表記はローマ数字】に掲載されており、国際間の貿易規制がかかっていますが、ニホンウナギは16年の同会議でもなんとか規制を免れています。ですから、日本の水産庁や全日本持続的養鰻機構は今後もワシントン条約により規制されないよう、資源保護・管理ができるよう働きかけている状態ですね。

 もちろん、文字通り絶滅が危惧されている生物ということには変わりありませんが、明日から急に飲食店やスーパーからウナギが消えてなくなるといったことではありません」(高嶋氏)

「日本人が世界のウナギの7割を食べている」は間違い


「日本人が世界のウナギの7割を食している」とよくいわれるが、それはつまり日本人がウナギを食べることをやめれば、絶滅危機を回避できるということなのだろうか。

嘘だらけの「ウナギ絶滅」説…中国産でもニホンウナギ、日本人悪玉論はデマ、謎の生態のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ニホンウナギ絶滅危惧種指定蒲焼きの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!