NEW

「安倍首相のポチ」経団連会長、就任をトヨタ社長は頑なに拒否…後任者がいない異常事態

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ・豊田章男社長(ロイター/アフロ)

 日本経済団体連合会(経団連)の榊原定征会長(東レ相談役最高顧問)の任期は2018年5月までで、残すところあと1年だ。5月31日の定時総会で、新任の副会長4人にトヨタ自動車の早川茂取締役・専務役員、新日鐵住金の進藤孝生社長、三菱電機の山西健一郎会長、大成建設の山内隆司会長が加わる。

「トヨタと新日鐵住金は指定席だ」――、榊原氏は昨年末から周辺にこう語ってきた。トヨタと新日鐵住金からの起用は順送りのように見えるが、内実は異例ずくめだった。社長は社業に専念し、財界活動は社長経験者の会長に任せるのが一般的だが、今回はこの慣例に当てはまらない。

 新日鐵住金の宗岡正二会長はすでに経団連副会長を経験済みで、進藤氏以外に候補者がいなかった。そのため、やむなく現役社長が財界活動と二足の草鞋を履くことになった。

 トヨタの場合、もっと深刻だ。豊田章男社長は、いずれは経団連会長になるとみられているが、当面は社業に専念する。豊田氏の腹心の早川氏を経団連に送り込むが、経団連副会長が専務では恰好がつかないので、4月にトヨタの副会長に昇格した。

三菱電機から副会長が選ばれたワケ

 異色の顔ぶれも入った。ひとりは山西氏だ。三菱電機としては、北岡隆元社長以来、実に20年ぶりの副会長ポストだ。

 三菱グループでは、三菱重工、三菱商事、三菱東京UFJ銀行の“御三家”が経団連副会長に就任するのがパターンだ。重工は宮永俊一社長、商事は小林健会長、銀行は永易克典相談役が副会長のポストに就いている。

 今回、三菱電機の山西会長が副会長になるのは、三菱枠ではなくエレクトロニクス業界の代表としてだ。「電機から、ほかに入れる企業がなかった。パナソニックの津賀一宏社長は来年なら可能性があるが、今年は無理だった」(経団連の副会長)という。この発言は、津賀氏は来年パナソニックの会長になり、財界デビューを果たすことを示唆している。

「ソニーの平井一夫社長は、人柄が副会長にそぐわない。NEC(日本電気)は、業績が悪すぎる。NECや富士通は過去のトップ間の軋轢が尾を引いていて企業イメージが悪い。それで三菱電機の椅子が回ってきた」(別の経団連副会長)

 三菱電機の業績は確かに良い。半導体から早々と撤退し、パソコンやテレビの事業からもすでに手を引いている。ただ問題は、長時間労働で労働基準監督署に摘発されたことだ。今年1月に嫌疑不十分で不起訴になったが、政府が掲げる「働き方改革」によって長時間労働の是正は注目度の高い話題だ。

「安倍首相のポチ」経団連会長、就任をトヨタ社長は頑なに拒否…後任者がいない異常事態のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、トヨタ自動車三菱電機経団連豊田章男の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!