NEW

フジ『人は見た目が~』、民放ドラマ史上最低視聴率の予感…何をやっているのか不明現象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐谷美玲
 桐谷美玲が主演を務める今クールの連続テレビドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)の第1話が13日に放送された。


 同ドラマは漫画家・大久保ヒロミ氏による同題作品を実写化したもので、製紙会社に勤務する主人公の女性研究員・城之内純(桐谷)と、その同僚・前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)が、“女子力ゼロのさえない自分”を脱出するために流行のメイクやファッションなど「美の特別研究」に取り組んでいくというストーリーだ。

 第1話では、城之内ら3人が勤務する八王子製紙の研究所が大手化粧品会社クレエラジャパンに買収されることが決まり、3人は顔見せのためにクレエラのパーティーに出席するが、おしゃれがまったくわからない3人は、ダサい服装だったため恥をかくことに。その場でクレエラ研究センター長の國木田修(鈴木浩介)から、化粧品会社の社員になるからには、まず見た目をなんとかするように注意を受ける。そこで一念発起し、4月からの丸の内にある同センターでの勤務に向けて、女性ファッション誌やインターネットで情報を収集しながら、「メイク」「ストール」「帽子」というジャンル毎に“どうすればオシャレになるのか”という難題に悪戦苦闘する。そして國木田からのアドバイスで少しはマシになった身なりで、ついにクレエラ出勤初日を迎えるところまでが放送された。

 と、ここまで読んでいただいて、おわかりかと思うが、同ドラマの特徴を一言でいえば、「まったく内容がない」という言葉に尽きるのだ。とにかく視ている約1時間、目の前で何が繰り広げられていて、画面のなかに登場するキャストたちがいったい何をやっていて、何を話していて、そしてなぜこのドラマが放送されているのか、なぜ自分はこのドラマを視ているのか、意味がわからなくなってくるのだ。

 たとえば前クールで“フジ月9”としては史上最低視聴率をマークし話題を呼んだ『突然ですが、明日結婚します』ですら、私はおもしろいとは思わなかったが、なんとなくストーリーみたいなものはあったし、「10代女子には、結構視ている人がいるのかもしれないのかな」などと、ぼんやりとではあるが視聴者層を想定することはできたし、おもしろいと感じる視聴者はいるだろうな、くらいには考えることができた。

 しかし、この『人は見た目が~』は、そんな想像もまったくできない。そう、いったい誰に向かってこのドラマをつくったのか、なぜフジはお金と労力をかけてこのドラマをつくったのか、なぜ桐谷や水川はこのドラマへ出演しなければならないのか(もはやブルゾンも)、まったくわからないのだ。

フジ『人は見た目が~』、民放ドラマ史上最低視聴率の予感…何をやっているのか不明現象のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、フジテレビ人は見た目が100パーセント桐谷美玲の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!