NEW

湊かなえドラマ『リバース』、藤原竜也の「大根役者ぶり」が緊張感をブチ壊す深刻な問題

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 人気ミステリー作家・湊かなえの小説を原作とする連続テレビドラマ『リバース』(TBS系)の第1話が14日、放送された。


 地味な会社員の主人公・深瀬和久(藤原竜也)は当時大学生だった10年前、ゼミ仲間の広沢由樹(小池徹平)、浅見康介(玉森裕太)、村井隆明(三浦貴大)、谷原康生(市原隼人)と雪山にスノボー旅行に行った際、事故で親友の広沢を亡くした悲しさを今でも心に抱えている。そんな4人が恩師である教授の退官記念パーティーで久しぶりに顔を合わせると、そこに広沢の母親が現れる。さらに、なぜか10年前の事件を追っているジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)が現れ、深瀬以外の3人が歩いているところを直撃取材して真相を問い質すと、3人は狼狽してタクシーを捕まえ、小笠原を振り切る。しかし、小笠原は4人それぞれの周辺取材を進め徐々に彼らを追い詰めていくなかで、10年前の事件の真相が明らかにされていくという設定だ。

 第1話では、深瀬と広沢が学生時代にいかに心の通じ合った親友であったのかを回想するシーンや、10年前の旅行当日のシーン(事件はまだ起こらない)が流れたほか、深瀬が日頃通う喫茶店の客でベーカリー販売店店員の越智美穂子(戸田恵梨香)と出会い、交際を始めるが、越智の元に深瀬が人殺しだと書かれた手紙が届き、深瀬が10年前の事件について越智に告白しようとするところまでが放送された。ちなみに、第1話では広沢が実は村井の妹・明日香(門脇麦)と学生時代に交際していたことが示唆されるが、明日香は谷原と現在夫婦関係にあり、2人の結婚に事件がなんらかの影を落としている気配もある。

 湊といえば、いわずと知れた超人気作家であり、根強いファンが数多くいることでも知られており、制作サイドとしても一定の視聴率が狙えることを期待しているのは想像にかたくない。湊原作の連ドラといえば、同じくTBS系で放送された『Nのために』(2014年)や『夜行観覧車』(13年)が記憶に新しいが、後者は全話平均視聴率11.6%と2桁をキープし、前者は同9%。両作とも大ヒットとまではいかないまでも、“健闘”といえる数字だろう。

 そして今回の『リバース』だが、それなりにはおもしろいのだが、“ヒット”といえるほどの視聴率には届かないのではないか、というのが正直な感想である。登場人物たちの設定もしっかりしており、ほどよく複雑な人間関係もはりめぐらされている。そして当然ながらストーリーもつくり込まれているため、それなりには見応えはあるのだが、第2話以降でも「あの10年前の事件で、いったい何があったのか?」というテーマを引っ張り続けていくのは、視聴者は少し息苦しくなってくるし、飽きてくるのではないか。

湊かなえドラマ『リバース』、藤原竜也の「大根役者ぶり」が緊張感をブチ壊す深刻な問題のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、リバース湊かなえ藤原竜也の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!