NEW

湊かなえドラマ『リバース』、藤原竜也の「大根役者ぶり」が緊張感をブチ壊す深刻な問題

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リバース』の見どころ


 私が個人的に同ドラマの見どころだと感じた点は2つある。

 1つ目は、越智(=戸田)の“グイグイさ”だ。深瀬(=藤原)は性格も内向的で見た目もダサく、仕事もイマイチという設定。にもかかわらず、そんな深瀬に、なぜか超かわいいパン屋さん店員が、もうグイグイ迫るのだ。交際に発展する前には喫茶店で偶然一緒になった深瀬に笑顔満開で積極的に話しかけ、突然カギを失くしたと言って深瀬を交番に来させ、深瀬から「ウチに泊まる?」という言葉を引き出す。そしてその日、正式な交際スタート前にもかかわらず、ベッドイン。

 初めて出会ってから、深瀬はさしたる努力もなく、ただ越智にグイグイ押されるまま、気がつけばベッドインなのだ。そしてその越智は、めちゃめちゃかわいいのだ。そんな深瀬に自身を置き換え、ささやかな妄想ごっこにハマった男性視聴者もいるだろう。

 そして2つ目は、市原が“意外にイイ”という点だ。市原といえば、“こよなく地元を愛して、ちょっとヤンキーっぽくてバカだけど、情熱的で不器用でストレートで、オレ友達が一番大事っす”的なイメージが強かったし、これまでそんな役が多かった(気がする)。はっきりいって私は嫌いなタイプの役者だった。

 しかし今回、市原はエリート商社マンで、妻と子供と高そうなマンションに住むという役柄。これまでの市原のイメージとは180度違うのだが、もう100%“男前のエリート商社マン”なのだ。演技も醸し出す雰囲気も素晴らしく、「少し影を持ちながら出世に邁進する会社員」を好演している。もしかしたら市原は、与えられたらどんな役でもこなせてしまう、とんでもなく器用で才能にあふれた役者なのかもしれない。

 そんな市原と対照的に、同ドラマの重大な足かせとなっているのが、主演である藤原の大根役者ぶりだ。一つひとつの動作やセリフ回しが、いちいちわざとらしい。藤原が何かを話したり動いたりするたびに、それまで保たれていた緊張感がプツンと切れてしまうのは、同ドラマの非常に残念な部分である。

 と、ここまで書いて気がついたのだが、「越智が深瀬へ不自然なほどグイグイ迫っていく」ということは、つまり越智は何か重大な意図を持ち、偶然を装って深瀬に近づき、交際を始めたということなのか。たとえば、実は越智は亡くなった広沢となんらかの関係があり、その広沢の死の真相を知るために深瀬に近づいたのか。はたまた、深瀬が広沢の死の原因をつくったと考えた越智は、深瀬に復讐するために近づいたのか――。

 来週以降の放送が楽しみである。
(文=米倉奈津子/ライター)

湊かなえドラマ『リバース』、藤原竜也の「大根役者ぶり」が緊張感をブチ壊す深刻な問題のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、リバース湊かなえ藤原竜也の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事