NEW
小石川シンイチのマル裏経済学

ディズニーR、環境劣悪化で「家族で行けない場所」化…キャストへのパワハラや死亡事故も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージアップ施策に早くも綻び

 オリエンタルランドは、従業員の賃金や働き方の待遇改善を進め、人手不足に対応する姿勢を打ち出している。そのほかにも、マイナスイメージの払拭に躍起になっている。しかし、実際はこれまでとほとんど変わっていない。これまで、TDRの労働環境改善を訴えてきたオリエンタルランドユニオンの担当者は、次のように懸念を示す。

「たしかに、基本時給などの労働条件は改善されつつありますが、それは私たちオリエンタルランドユニオンが要求してきたことの一部にすぎません。これまで、社員会のような位置付けで、待遇改善に正面から向き合ってきたようには思えないOFSが非正規キャストのための改善要望を出せるのでしょうか。時給が上がっても、その分はOFSの組合費(月1000円程度)に消えていくことになりそうです。スーパーバイザーのパワハラ、会社都合による労働時間の変更による不安定収入、現場状況を無視したスケジュール作成といった問題から正面から向き合えるのかを注視していかなければなりません」

 なお、スーパーバイザーは非正規キャストの直接の上司であり、賃金減額や雇い止めを決定する評価査定者でもある。スーパーバイザーとの間で対立する労働問題やパワハラ問題に、OFSが本気で向き合うとは考えにくい。

 これまでの裁判例では、ユニオンショップ協定がある企業でも、それ以外の労働組合に加入することが認められている。つまり、OFSに加入せずに、オリエンタルランドユニオンに加入することができるのだ。また、オリエンタルランドユニオンは、OFSの組合加入の方法について、不当労働行為であるとして労働委員会に申立をするという。

 ほかにも、TDRのイメージアップ作戦で、早くも綻びが出ている。たとえば、オリエンタルランドが10カ所ほど増やしたというパフォーマンス・アトモスも、すでに2カ所はなくなっている。

 さらに、10日にはパフォーマーの転落死亡事故が発生した。TDR内にある劇場「舞浜アンフィシアター」で、出演者が使うワイヤの点検をしていたパフォーマーが、高さ約10メートルから落下、死亡した。この事故に関してオリエンタルランドユニオンは、こう警鐘を鳴らす。

「詳しくはこれからの検証になりますが、ワイヤを留めていた根元から破損したのであれば、オリエンタルランド側の整備不良といえます。ただし、実際はそれも子会社に管理させていると思います。パフォーマーの実績から考えて、本人のミスではなく機材に問題があった可能性が高いと考えます。その場合、機材の責任はどこにあるのでしょうか。オリエンタルランドには、真相究明と対応策の提示を要求していきます」

 地に墜ちた「夢の国」が、再び輝きを放つようになるのか――。注視していきたいところだ。
(文=小石川シンイチ)

ディズニーR、環境劣悪化で「家族で行けない場所」化…キャストへのパワハラや死亡事故ものページです。ビジネスジャーナルは、連載、USJディズニーランドパワハラ東京ディズニーリゾートの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!